UQモバイル×格安スマホ

UQモバイル版AQUOS sense2まとめ&レビュー!実質3,068円で買えるキャッシュバックと口コミも紹介

パパむす
パパむす
UQモバイルのAQUOS sense2についてまとめたよ!
ママむす
ママむす
日本メーカーで安心の格安スマホだね!

2018年11月22日より、UQモバイルから「シャープ製 AQUOS sense2」が発売されました。公式サイトでマンスリー割を適用すれば実質の端末価格は13,068円となっていますが、本サイトで紹介するUQモバイルキャッシュバック限定サイトを使えば

  • プランSで:AQUOS sense2が13,068円-8,000円=実質5,068円
  • プランMで:AQUOS sense2が13,068円-9,000円=実質4,068円
  • プランLで:AQUOS sense2が13,068円-10,000円=実質3,068円

で購入できますので、限定キャッシュバックを使わない手はありません。

シャープはスマホを販売する数少ない日本メーカーで、国内でAppleに次ぎ第二位のシェアを維持しています。

中でもAQUOS sense2は前のモデルのAQUOS senseが大人気機種となったため、その後継製品としてさらにずっと良くなってリリースされました。

液晶のシャープならではの高精細な5.5インチフルHD液晶「IGZO(イグゾー)」を搭載し、お風呂やキッチンでも安心の防水性能、顔認証と指紋認証でのロック解除にも対応。

AI(人口知能)を搭載したカメラで撮影シーンを自動切換え。誰でも簡単にキレイな写真を残すことができます。

フィルムを張らなくてものぞき見防止画面機能も設定でき、おサイフ携帯にももちろん対応。

日本人なら安心して使えるシャープならではの格安スマホです。

パパむす
パパむす
UQモバイルの格安スマホの中でも1番人気だよ!
ママむす
ママむす
欲しい機能が一通りそろっててこの値段だもんね!

 

【AQUS sense2はこんな人にオススメ!】

  • 海外メーカーは敬遠していて、日本製ならではの安心感重視の人!
  • 液晶のシャープならではの高精細IGZO液晶をより大きな画面で楽しみたい人!
  • 薄暗い室内や人物などの撮影をカメラ任せでキレイに撮りたい人!

では早速、デザイン、スペック、機能、レビュー、口コミ、価格、料金プラン、そしてキャンペーン・キャッシュバックを見ていきましょう!

AQUOS sense2の購入で使える期間限定の最大10,000円キャッシュバックを知りたい方は当サイトオリジナルの(UQモバイル最新キャンペーン総まとめ)をまずはチェックしてみてください!

>今すぐUQモバイルキャッシュバック限定サイトをみる

 

目次

【UQモバイル】AQUOS sense2のデザイン・カラーバリエーション

5.5インチの大画面

AQUOS sense2の画面サイズは5.5インチの大画面フルHD+(2,160×1,080ドット)のIGZOディスプレイを採用。高精細かつ明るい表示が可能となりました。

従来機種のAQUOS sense と比べると AQUOS sense2の画面サイズは23%も拡大。また縦長に拡大させたので、本体幅は片手で持ちやすいサイズをキープと女性にも使い易いスマホです。

さらにLEDバックライトの消費電力を抑えたことで、従来機種のAQUOS senseに比べて消費電力を最大21%削減されています。

 

本体サイズと重さ

本体サイズは高さ148mm×幅71mm×厚み8.4mmと片手でも操作しやすいちょうどいいサイズを実現。

参考までに従来機種のAQUOS senseが高さ144mm×幅72mm×厚み8.6mmでしたので、縦に少し長くなり、横幅は狭く、厚みも薄くとより持ちやすく改善されたことがわかります。

6.5インチのiPhone XS Maxが、高さ157.5mm×幅77.4mm×厚み7.7mmとほぼ同じくらいの大きさなので、大画面を楽しみたい人のトレンドを抑えて大きさとなっています。

重さに関しては155gと、148gだった従来機種より若干重くなっていますが、iPhone XS Maxの208gと比べると50gも軽いので、スマホの中では十分に軽い方です。

実際に僕がUQコミュニケーションズ株式会社さんの事務所に呼ばれた際にこのAQUOS sense2を持った時の第一声は「軽っ!!」と、その意外なまでの軽さに驚いたことを覚えています。

大画面でありながら、女性でも持ちやすい軽さを実現した点は、隠れた注目ポイントだと言えます。

カラーバリエーションとデザイン

シルキーホワイト

ニュアンスブラック

ピンクゴールド

カラーバリエーションは、シルキーホワイト、ニュアンスブラック、ピンクゴールドの3色展開。

ホワイトは清潔な白で素材的に汚れが比較的強そうな印象。ピンクゴールドはゴールドが入っていることで高級感があります。

どちらも背面はアルミ素材でテカリや指紋が付きやすいということもなく、落としても比較的丈夫な作りで清潔に長く使えそうです。

前面ディスプレイは有名なゴリラガラスと呼ばれる硬度の強い2.5Dガラスを採用。こちらも壊れにくく安心感があります。

 

【UQモバイル】AQUOS sense2のカラーバリエーションを画像でレビュー

当サイトUQ mobile NOWが親しくさせていただいている、UQコミュニケーションズ株式会社よりAQUOS sense 2をお借りすることができましたので、画像たっぷりで詳しくレビューします。

左から、ブラック、ホワイト、ピンクゴールドの準備に並べてみませした。細長く持ちやすいフォルムに5.5インチで明るいディスプレイが際立ちます。

ブラックは画面がより締まって見えますね!

ブラック、ホワイト、ピンクゴールドの順に背面を比べてみました。

ピンクゴールドはいわゆるピンクピンクしておらず、ゴールドの高級感が目立ちます。

ニュアンスブラックの前面です。ブラックが引き締まって画面がより明るくみえます。

ニュアンスブラックの背面デザインです。

シルキーホワイトの前面です。

シルキーホワイトの背面です。光沢やグラデーションなどの余計な処理はされていないため、スッキリとした飽きのこないデザインです。

ピンクゴールドの前面です。

ピンクゴールドの背面です。ピンク過ぎない高級感のゴールドですので大人の女性にぴったりだと思います。

【UQモバイル】AQUOS sense2を画像で開封レビュー

シルキーホワイトの箱を開封していきます。

この瞬間がドキドキします。

本体と箱、取扱説明書を並べました。

電源を入れる前。縦長フォルムで5.5インチの大画面が前面に広がります。

AQUOS sense2の背面です。AQUOSのシンプルなロゴがデザインの邪魔をしません。

光沢が無いので指紋がつかないところがGOODですね。

本体下部はUSB Type-Cの差し込み口があります。

カメラのレンズはシングルです。

本体上部はイヤホンジャックがあります。

左側の側面にSIMカードのスロット。

右側の側面に音量ボタンと電源ボタン。

本体左側にSIMカード(1枚)とマイクロSDカードのスロットがあります。

電源を入れた本体正面です。5.5インチのIGZO液晶が明るくキレイです。

iPhone Xなどで流行のノッチ(切りかけ)はなく、従来通りの四角いディスプレイですので使い易く安心感があります。

本体下部には指紋認証があります。

指紋認証の登録はとても簡単。指を何度かタッチするだけなので10秒くらいで終わりました。

顔認証の登録は画面の〇の中に顔を写すだけ。2~3秒ですぐに登録できたので驚きました。

AQUOS sense2(左)とOPPO R17 Neo(右)を並べました。

6.4インチのR17 Neoに比べてAQUOS sense2は5.5インチですのでコンパクトです。特に幅がスリムなので片手で持ちやすいですね。

AQUOS sense2(左)とOPPO R17 Neo(中央)とHUAWEI P20 lite(右)を並べました。

AQUOS sense2はHUAWEI P20 liteとサイズ感が近いです。

OPPO R17 Neo(左)とHUAWEI P20 lite(中央)とAQUOS sense2(右)を縦に並べるとサイズの違いがわかりやすいです。

OPPO R17 Neo(下)とHUAWEI P20 lite(中央)とAQUOS sense2(上)の順に並べました。R17 Neoがやはり大きく感じます。

AQUOS sense2(左)はノッチがないので使い易く安心感のあるデザイン。

OPPO R17 Neo(中央)は水滴型ノッチ、HUAWEI P20 lite(右)はiPhone Xと同じ大きめのノッチデザインです。

こうしてみるとデザインの違いが良くわかります。

AQUOS sense2でYoutubeの4K動画を画面いっぱいに表示させました。

高精細なIGZOディスプレイの明るさとキレイさに感動。

AQUOS sense2(下)とHUAWEI P20 lite(中央)とOPPO R17 Neo(上)の順位に、Youtubeの4K動画を再生。

AQUOS sense2の画面の明るさと高精細さが際立ちます。

R17 Neoは画面枠ギリギリまで表示されますがノッチ部分は画像が切れてしまいます。AQUOS sense2は四角い画面なので、ノッチで画像が切れることなく全て表示されてますね。

【AQUOS sense2の画像レビューまとめ】

  • 5.5インチの大画面ながらコンパクトで持ちやすいデザインを実感。
  • 高精細IGZOディスプレイの明るさが際立つ
  • ノッチがないデザインなので画像が切れずに表示できる。

>今すぐUQモバイルキャッシュバック限定サイトをみる

【UQモバイル】AQUOS sense2のカメラ性能をOPPO R17 NeoとHUAWEI P20 liteと比較レビュー

AQUOS sense2とOPPO R17 Neo、さらにはHUAWEI P20 liteのカメラ性能を比較したのでレビューいたします。

風景写真を比較レビュー(AQUOS sense2/R17 Neo/P20 lite)

夕方16:00くらい、暗くなり始めた横浜みなとみらいの風景写真です。天気は曇り。

【AQUOS sense2】

  • 他の2機種よりも明るく撮れていてGood
  • 広角カメラに唯一対応しているので、風景全体が広く撮影できていてGood

 

【OPPO R17 Neo】

  • AQUOS sense2に比べるとやや暗い印象
  • 広角撮影に対応していないので、やや狭く撮れている

 

【HUAWEI P20 lite】

  • 明るさ具合はR17 Neoに近い
  • 広角撮影に対応していない点もR17 Neoと同じ

 

風景写真の比較レビューとしては、夕方の曇り空でも明るい写真が残せるAQUOS sense2のカメラが個人的には好みです。AI機能により最適な撮影モードが自動で適用されているのもカメラが詳しくない人にはとても楽ですね。

 

室内でポートレート撮影した写真を比較レビュー(AQUOS sense2/R17 Neo/P20 lite)

スタバのダークモカフラペチーノを、背景をボカして撮影し比較レビューしました。

【AQUOS sense2】

  • 一眼レフのような自然なボケみのある画像が一発で撮れた
  • 透明なフタの中は、クリーム部分がつぶれることなく、背景だけにしっかりとボケ感を出せている
  • 広角撮影対応で接写でも店内全体を広く撮影できている

 

【OPPO R17 Neo】

  • ダブルレンズで比較的自然なボケ感をしっかりと出せる
  • 透明なフタの中は、クリーム部分がつぶれることなく、背景だけにしっかりとボケ感を出せている
  • 広角撮影に対応していないので、接写が大きめ

 

【AQUOS sense2】

  • フォーカスポイントがフラペチーノから外れてしまっている
  • 透明なフタの中は、背景だけでなくクリーム部分にもボケ感が出てしまっている
  • 広角撮影に対応していないので、接写が大きめ

 

室内のポートレート撮影での比較レビューとしては、唯一広角撮影に対応してるAQUOS sense2なら室内全体を広く撮影できて個人的にはとても好みです。

背景のボケ感はどれも出せていますが、P20 liteは細部の処理に難ありの印象ですね。

 

【UQモバイル】AQUOS sense2の機能・スペック

安心の防水対応

AQUOS sense2は低価格モデルにもかかわらず、IPX5/IPX8の防水規格に対応しています。

これは常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。

まさに日常使いには十分な安心の防水設計です。

AI機能つきカメラで7つのシーンを自動で最適に切替て撮影

背面カメラ、前面カメラはAI(人口知能)を搭載。

室内や夕景、料理などのシチュエーションを自動で認識し、最適な撮影を誰でも簡単に実現できます!

さらに動き回るような子供の撮影でもオートフォーカスが優秀なので、ブレの少ないキレイな写真を簡単に撮ることができます。これ、超大事ですよね!

広角撮影が可能なインカメラは自撮りに最適

前面のインカメラにももちろんAI(人口知能)を搭載。

美肌、小顔を自動調整する「AQUOS beauty」機能により、自撮りが簡単で捗ります。

広角カメラなのもポイント!!

のぞき見防止ディスプレイを搭載

のぞき見防止フィルムを上から張らなくても、周囲から画面を見えなくする機能が備わっているので周りの目を気にせずにスマホを使えます。

 

オクタコア(8コア)のCPU搭載でサクサク動作

AQUOS sense2はCPUと呼ばれるスマートフォンのエンジン部分が8つも搭載されている、オクタコアCPU「Qualcomm® Snapdragon™ SDM450/1.8GHz」の機種です。

これにより、複数のアプリを立ち上げても動作はサクサクで快適。これまで主流であったクアッドコア(4コアCPU)の2倍のコア数です。

従来機種のAQUOS senseと比べてCPU性能は約20%もアップしました。

大容量&長持ちバッテリ

AQUOS sense2は2,700mAhの大容量バッテリを搭載。

動作や機能の一部を制限し、電池を長持ちさせる省エネ技術「長エネスイッチ」と合わせ、外出中など長時間充電できない場合でも安心の電池持ちを実現しました。

1年後も電池の寿命を90%以上維持

負担の少ない充電方法で電池の劣化を抑え、1年後も電池の寿命を90%以上維持します。

5GHzのWifi対応で無線でのネットが快適に

従来機種のAQUOS senseはスピードの遅い2.4GHz帯のWifiのみに対応でしたが、AQUOS sense2では高速の5GHz帯にも対応しました。

USB Type-Cコネクタに対応

ケーブルの向きを気にせずに挿せる、USB Type-Cコネクタに対応しています。

スマホが初めてでも安心のカンタンモードに対応

初めてスマホを使う人にも安心できるようにカンタンモードを搭載。

ボタンや地図を大きく表示したり、文字サイズやキーボードを大きく入力しやすくしているので、ガラケーに慣れていてスマホの操作が不安な人にも安心です。

指紋認証と顔認証の両方に対応しロック解除が簡単

指紋認証と顔認証の両方に対応という珍しい機種です。

顔認証の良さは、画面を見ただけでロック解除がサクっとされる手軽さ。普段使いは顔認証がとても便利です。

でも寝るときの暗い室内では顔を認識できないことも。そこで指紋認証の出番です。

使い慣れた指紋認証で簡単にロック解除することができます。

なぞるだけでスクリーンショット

画面の写真をスクリーンショットしたいときは、画面上部を左から右になぞるだけ。簡単にスクショが残せます。

スクロールオート機能

画面を自動でスクロールしてくれるスクロールオート機能を搭載。

長いページを指でスライドさせるのは疲れるので、あるととても便利な機能です。

インカメラ背景ぼかし機能

インカメラで自撮りするときは、背景をぼかして撮影できるので、一眼レフのようなポートレート撮影ができます。

また、インカメラで撮影するときは、画面全体が光ってフラッシュの役割をすることも可能。

おサイフケータイに対応

Felicaを搭載しているので、Suicaなどのおサイフケータイにも対応。国産スマホならではの機能です。

シャープ独自の音声アシスタント「エモパー」搭載

iPhone のSiriのように音声で問いかけると答えてくれる音声アシスタント「エモパー9.0」を搭載。

天気やニュースなど音声で問いかけて答えてくれます。

発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応

AQUOS sense2は最新のOS Android8.1を搭載。さらに、発売日から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応することになっているので、長く使えます。

テザリングに対応

UQモバイル版AQUOS sense2はテザリングに対応しており、しかも月額無料です。auなどの大手キャリアではテザリングは月々500円かかるので、この点はUQモバイルならではのメリットとなります。

また、UQモバイルであれば「節約モード」に切り替えるとデータ無制限でインターネットに接続できるので、テザリングを使いすぎてデータ容量がなくなったという心配がありません。

【UQモバイル】AQUOS sense2の主なスペックまとめ

UQモバイル版 AQUOS sense2の主なスペックは以下の通りです。

  • OS:Android 8.1
  • ディスプレイ:5.5 インチ(2160×1080)
  • CPU:オクタコア(8コア) 1.8GHz×8
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • microSDXC:最大512GBまで搭載可能
  • 背面カメラ:1200万画素
  • 前面カメラ:800万画素
  • Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:Ver4.2
  • 指紋センサー:○
  • 顔認証:〇
  • 充電ケーブル:USB Type-C
  • バッテリー:2700mAh
  • イヤフォンジャック:有
  • サイズ/重量:71(W)×144(H)×8.4(D) mm / 155g
  • カラー:シルキーホワイト / ピンクゴールド / ニュアンスブラック
  • テザリング:対応
  • 緊急地震速報:対応
  • 津波速報/災害・避難情報:対応

 

【UQモバイル】AQUOS sense2のデメリットと注意点

UQモバイル版 AQUOS sense2のデメリット・注意点は以下の通りです。

ワンセグ・フルセグには対応していない

AQUOS sense2はワンセグやフルセグには対応していません。

スマホで地上波のテレビをみる人はかなり減ってきているので、大きな問題ではないと思いますが、ワンセグ必須という人は念のため注意してください。

ワイヤレス充電には対応していない

iPhone Xなどのハイスペックなスマホにはワイヤレス充電が搭載されていますが、AQUOS sense2はあくまで格安スマホ。ワイヤレス充電には対応していません。

 

【UQモバイル】AQUOS sense2の発売日

UQモバイル版AQUOS sense2が2018年11月22日(木)から発売開始となりました。

UQ mobile取扱店舗、UQオンラインショップどちらからでも購入できます。

【UQモバイル】AQUOS sense2は安定の人気ぶり!ネットでの反応・口コミ

UQモバイルでのAQUOS sense2が発売され、発売日初日から購入者の口コミが飛び交っています!!

 

AQUOS sense2の口コミを調べてわかったことをまとめると

  1. 日本製だから安心(中国製はイヤ)
  2. カメラが優秀で夜景がキレイに撮れる
  3. 最新のUSB Type-Cに対応
  4. 古いArrowsからの買い替えにもちょうど良い
  5. ミドルクラススマホなのでXperiaなどのハイスペックスマホよりは性能が劣る

という口コミの傾向にあることです。

ママむす
ママむす
ハイスペックを求めなければコスパ最強なんだね!!

 

15日間無料のTry UQ mobileには未対応

UQモバイルでは15日間無料で格安スマホを借りられる「Try UQ mbile」というサービスが用意されています。

しかし、AQUOS sense2は未対応ですのでご注意ください。

【UQモバイル版】AQUOS sense2の販売価格と料金プラン

OPPO R17 NeoのUQモバイルでの販売価格は38,988円となりますが、この端末代金は一括払いと24ヵ月分割払いから選択できますのでそれぞれの場合でご紹介します。

一括購入の場合

一括購入(本体代金:36,396円)の場合、おしゃべりプランSまたはぴったりプランSであれば、毎月の基本料金が1,166円/月のお支払いで利用できます。プランS(3GB)は通常2,138円(税抜きで1,980円)ですが、マンスリー割が毎月適用され972円引きとなるためです。

同様にプランM(9GB)ではマンスリー割で月々972円安くなり、2,246円/月、プランL(21GB)では4,406円/月となります。

さらにUQモバイルキャッシュバック限定サイトを使えば、プランSで8,000円、プランMで9,000円、プランLで10,000円がキャッシュバックされるので、実質の本体代金は後ほどご紹介するように実質3,068円~で手に入れることが可能です!

分割払いの場合

分割払いの場合、本体代金にマンスリー割が適用され、実質負担額はプランS、M、Lともに540円/月の支払いとなります。

【参考:2年間トータルでの本体代金の実質負担額】

  • プランS/M/L:13,068円 (=初回648円+540円×23ヵ月)

従って、本体代金だけでみるとどのプランでもマンスリー割が適用されてトータル13,068円で購入できることとなりますが、分割払いですので月々のお支払いとしては、初回648円/月、2ヵ月目~24ヵ月目が540円/月となります。

続いて、この本体代金に通信料金を加えます。

この分割の本体代金に加えて、おしゃべりプラン、ぴったりプランそれぞれの月額料金が足し算されます。

プランSで2,678円/月、プランMで3,758円/月、プランLで5,918円/月となります。

ママむす
ママむす
端末代込みでも月々2,678円なんて安い!

さらに後ほどお伝えするように、この料金に最大10,000円のキャッシュバックを付けてもっと安く購入する方法があります。

UQモバイルの料金プラン

おしゃべりプラン・ぴったりプラン

UQモバイルの料金プランは格安SIMの中でもかなりシンプルでわかりやすいことで定評があります。

80%以上の人が選んでいる「おしゃべりプラン」・「ぴったりプラン」は無料通話込みの料金プランで月々1,980円~利用でき、さらに家族2台目からは家族割適用で500円引きとなり月々1,480円~とスマホ代をグンと節約することができます。

「おしゃべりプラン」は1回5分以内の通話が何度でも無料で、「ぴったりプラン」は毎月60~180分の無料通話がセットになっているので、大手キャリアのカケ放題と同じ使い勝手で利用できます。

データ容量はプランSで3GB、プランMで9GB、プランLで21GBから選択でき、70%の人が一番安いプランSを選んでいます。

ママむす
ママむす
私もおしゃべりプランSで十分足りてるよ!

データ容量が足りないときは、「節約モード」に切り替えればデータが無制限で使えるのデータを追加購入する必要もありません。

データ高速プラン・データ無制限プラン

データ高速プランは毎月3GBのデータ容量が利用できて月々980円、音声通話付なら1,680円とこちらも魅力的なプランです。

データ無制限プランはデータ送受信のスピードが最大500kbpsに制限されますが、データを無制限に利用することができるので、パケット代を気にせずに使いたい人に向いています。料金は月々1,980円、音声通話付なら2,680円と格安SIMならではの安さです。

 

【UQモバイルキャッシュバック限定サイト】を使えば実質2,960円でUQモバイル AQUOS sense2が買える!

UQモバイル版AQUOS sense2は限定サイトの最大10,000円キャッシュバックの対象商品となっています!

当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、おしゃべりプランまたはぴったりプランでの申し込みで最大10,000円のキャッシュバックを手に入れることができます。

【キャッシュバック適用後の本体代金の実質負担額(マンスリー割適用後の2年間)】

  • プランSで:AQUOS sense2が13,068円-8,000円=実質5,068円
  • プランMで:AQUOS sense2が13,068円-9,000円=実質4,068円
  • プランLで:AQUOS sense2が13,068円-10,000円=実質3,068円

プランMで実質4,068円、プランSで実質3,068円でAQUOS sense2が手に入る計算となりますので、このキャッシュバックキャンペーンが開催されている間に使わない手はありません。

期間限定の最大10,000円キャッシュバックが知りたい方は当サイトオリジナルの(UQモバイル最新キャンペーン総まとめ)をまずはチェックしてみてください!

 

UQモバイル版AQUOS sense2まとめ

【AQUS sense2はこんな人にオススメ!】

  • 海外メーカーは敬遠していて、日本製ならではの安心感重視の人!
  • 液晶のシャープならではの高精細IGZO液晶をより大きな画面で楽しみたい人!
  • 薄暗い室内や人物などの撮影をカメラ任せでキレイに撮りたい人!

AQUOS sense2は安心の日本製スマホとあって、海外製品を敬遠する人に大人気となっています。

液晶のシャープならではの高精細な5.5インチフルHD液晶「IGZO(イグゾー)」を搭載し、お風呂やキッチンでも安心の防水性能、顔認証と指紋認証でのロック解除にも対応。

AI(人口知能)を搭載したカメラで撮影シーンを自動切換え。誰でも簡単にキレイな写真を残すことができます。

パパむす
パパむす
おサイフかつ防水スマホで安心の国産スマホだよ!!

UQモバイルなら限定キャッシュバックを使えば、8,000円~10,000円も安く買えるのでさらにコスパ最強です!

本キャッシュバックは終了時期が未定となっています。AQUOS sense2はUQモバイルの格安スマホで人気No.1の機種ですので申し込み多数でキャンペーン予算が終了する前に限定キャッシュバック付きで申し込むのが吉です。

>UQモバイルキャッシュバック限定サイトをみる