UQモバイル×格安スマホ

UQモバイルならAQUOS sense3 basicが月々400円!徹底レビュー

UQモバイルから6月19日に発売されたシャープ製「AQUOS sense3 basic」を徹底解説いたします。

AQUOS senseシリーズはUQモバイルで毎年大人気のシリーズ。今回の機種も幅広い層に好まれるツボを押さえた満足度の高い仕上がりになっています。

auからも発売されますが、UQモバイルならUQモバイル公式オンラインショップからの申し込みの場合、月々400円(税抜き:36回払いの場合)で手に入ります。

一括で購入してもわずか14,400円(税抜)ですので、コスパ最強!!

スマホプランSなら毎月の料金が容量3GBの場合ずっと月々1,980円(家族2回線以降は1,480円)で利用でき、スマホ代が断然とお得に。

さらにスマホプランRの登場で月々2,980円で10GBも使えるようになりました。データを使い切っても最大1Mbpsで使えるので、ほぼデータ無制限で使えるも同然のプランです。

しかもUQモバイルはauのサブブランドだから回線速度が一日中速くて快適。大手キャリア時代とほぼ変わらない通信品質と通話品質で使えます。

 

AQUOS sense3 basicは、前回モデルのAQUOS sense3からややスペックをそぎ落としたモル。

シングルカメラ搭載でAIオート撮影に対応!シャープ独自の液晶ディスプレイIGZOは5.5インチのフルHD画質で楽しめる。

さらに、大容量4,000mAhものバッテリー搭載で電池持ちも心配なし。

ママむす
ママむす
安心の国産スマホだね!
パパむす
パパむす
これが月々400円で手に入るからね!

CPUには8つのコア(オクタコア)を持つミドルスペックの「Snapdragon 630」(2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア)」を搭載。メモリは3GB RAMで安心。

3.5mmイヤホンジャックも付いていて、顔認証でのロック解除が可能。

AQUOS sense3 basicはこんな人におススメ!
  • カメラの複雑な設定は面倒!自動でキレイに撮りたい人
  • 防水・防塵などの安心感がほしい人!
  • 月々400円で買える!コスパ重視の人!

 

AQUOS sense3 basicの価格一覧

パパむす
パパむす
AQUOS sense3 basicの販売価格をまとめたよ!
ママむす
ママむす
UQ公式サイトなら7,200円引きだね!
AQUOS sense3 basic 価格一覧(税抜)
UQモバイル25,200円→14,400円(10,800円引き)
au27,830円

UQモバイルからAQUOS sense3 basicが2020年6月19日から発売開始されました。

販売しているキャリアの中で最安はUQモバイル!!

UQモバイル公式オンラインショップからの申し込みだけ新規でもMNPでも10,800円引きが適用されるので、一括購入の場合14,400円(税抜き)で手に入ります!

24回払いなら月々600円、36回払いならなんと月々400円(税抜き)です!

 

AQUOS sense3 basicのデザイン・カラーバリエーション

5.5インチのIGZO液晶ディスプレイ

AQUOS sense3 basicの画面サイズは約5.5インチ(解像度2,160x1,080)のフルHD液晶を採用。

6インチを超えてくると大きすぎて手からかなりはみ出ますが、この5.5インチというサイズは、手にしっくりくる大きさでちょうど使いやすいです。

シャープ独自のIGZOディスプレイを搭載しているので、高精細で明るく、映像を実物に近い色味で鮮やか表現します。

いわゆる最近のiPhoneやスマホに流行りのノッチと呼ばれる上部のデュスプレイ切りかけはなく、従来の四角くて見やすいデザインとなっています。

ノッチがあるとダサいと感じる人も意外と多いので、このデザインを踏襲しているのは好印象ですね。

5.5インチの大画面に加えブルーライトを抑えたリラックスオートモードを搭載。目の疲れを軽減します。

またアウトドアビュー採用で、強い日差しの下でも画面が見やすいという嬉しい特徴も!

 

美しく強いアルミボディ

本体背面、側面には質感があり剥がれにくいアルミボディを採用。

曲げや捻りに強く、背面と側面を一体化した構造になっていて持ちやすいデザインです。

 

本体サイズと重さ

本体サイズは高さ147mm×幅70.0mm×厚み8.9mmと大きすぎず、使いやすいサイズ感です。

背面カメラの出っ張りは最小限にまで抑えられているので、デザインや使い勝手を損ないません。

重さは約167gと軽いのが嬉しい!

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載していながら、この軽さは好印象です。

参考までに、Galaxy A41が160g、OPPO Reno3が175g、iPhone XS MAXが208gです。

カラーバリエーション

UQモバイル版のカラーバリエーションはライトカッパー、シルバー、ブラックの3色展開。

auで販売されるモデルも同じカラーバリエーションです。

 

AQUOS sense3 basicの機能・スペック

1200万画素のシングルカメラ搭載

AQUOS sense3 basicの背面カメラは1200万画素(f/2.0)のシングルカメラ。

前モデルのAQUOS sense3にあった余分な広角レンズをそぎ落として、シンプルに仕上がっています。

背面カメラと前面カメラはどちらも背景にぼけさせて人物を際立たせるポートレート撮影にも対応。誰でも簡単に人物や料理などを際立たせて写真を残せます。

また、AIオート撮影機能により、被写体やシーンを自動で検知し、9つのシーンから最適なモードで撮影してくれます。

さらに、静止画手ぶれ補正や、被写体ブレ補正にも対応しているので、撮影ミスがグンと減ることが期待できます。

パパむす
パパむす
難しい設定なして誰でもキレイに撮れる!!

 

インカメラは美肌調整しながらの自撮りに対応

前面のインカメラは800万画素でポートレート撮影に対応。

さらに「AQUOS beauty」機能により、「美肌」、「小顔」、「色合い」、「明るさ」そして「目の大きさ」をディスプレイで確認しながら調整できます。

セルフィー(自撮り)がいままで以上にインスタ映えします。

オクタコア(8コア)のCPU搭載で快適動作

AQUOS sense3 basicはCPUと呼ばれるスマートフォンのエンジン部分が8つも搭載されている、オクタコアCPU「Qualcomm® snapdragon™630(2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア)」を採用。

このスペックはいわゆる超ハイスペックではありませんが、ミドルスペックのCPUとしてWEB検索やSNS、Youtubeなどの普段使いなら十分な性能を発揮します。

メモリは3GB RAMを搭載しているので、複数のアプリを立ち上げても比較的に動作は軽快。

AQUOS sense3はメモリが4GBでしたので、この点もスペックがやや劣ります。

そのため、超ハイスペックが求められる負荷が高いゲームアプリをメインで利用する人には若干向かないです。

AQUOS sense2に比べて、CPUパフォーマンスは約15%UP、GPUパフォーマンスが約60%UP。

 

高音質なDolby Atmosとハイレゾの音楽再生に対応

AQUOS sense3 basicはハイレゾ音声の再生にも対応

ハイレゾ対応のイヤホンやヘッドホン、スピーカーを別途用意すれば、高音質な音楽をいつもで持ち歩いて楽しめる。

AQUOS sense3 basicは3.5mmのオーディオジャックが付いているので。有線ケーブルでヘッドホンを使えるのも嬉しいポイント!

 

4,000mAhの超大容量バッテリー

AQUOS sense3 basicは4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。

さらにシャープ独自のIGZO液晶がLEDバックライトの消費電力を抑えているので、バッテリーのスペック以上に長時間の電池持ちを実現しています。

正確なところは使用環境に左右されますが、HD動画の再生で約20時間、Webブラウジングで約21時間、テザリング利用で約20時間もの電池持ちとなります。

 

顔認証に対応

AQUOS sense3 basicは顔認証に対応しています。

本体の前面カメラが予め登録した顔を判別し、画面を覗き込むだけでロック解除ができます。

指紋認証には対応していません。

 

防水・防塵に対応

AQUOS sense3 basicは防水・防塵にもしっかりと対応。

防水はIP5/8、防塵はIP6Xと基本的な機能レベルをカバーしています。

さらにIGZOデュスプレイが水濡れに強いため、画面に水滴が付いたままでもタッチパネル操作がスムーズです。

 

耐衝撃性も高いレベルを実現

AQUOS sense3 basicはうっかり落としてしまっても安心の耐衝撃設計。

また、スマホの動作が不安定になりがちな高温や低温の環境、湿気の多い環境にも強くできています。

絶対に壊れないというものではありませんが、より安心なつくりになっています。

 

初めてのスマホでも安心の簡単モード

スマホを初めて使う人でも使いやすいように、文字サイズを大きく、キーボードがはっきりと見やすく、アイコンが大きくて見やすいなど、配慮されたモードがあります。

 

スクロールオート機能

指でスクロールしなくても、画面を自動でスクロールしてくれる便利な機能です。

 

画面の自動点灯

スマホを持ち上げるだけで、画面が自動で点灯してくれるので、わざわざ電源ボタンを押す必要がありません。

のぞき見ブロック機能

電車や人込みで後ろにいる人から画面を覗き込まれないように、のぞき見ブロック機能付き。状況に応じてON/OFFを切り替えることができます。

 

AQUOS sense3 basicを開封レビュー

AQUOS sense3 basicを入手したのでレビューをお伝えします。

シンプルなパッケージです。

ブラックモデルとなります。

本体前面。

本体背面。ツヤ消しのブラックですので指紋が目立たないことがgood!

手に収まるちょうど良い大きさと軽さが魅力。

背面がツルツルしていないので持ちやすいです。

AQUOS sense3ではディスプレイの下に指紋センサーがありましたが、AQUOS sense3 basicにはなくなったので、よりスッキリとしたデザインに生まれ変わりました。

本体下部にUSB-Cのコネクタがあります。

本体左側にSIMカードスロット。

本体上部に3.5mmイヤホンジャックがあります。

本体右側に音量ボタンと電源ボタンです。

SIMカードスロットはmicro-USBスロットと一体になっています。

背面カメラはシングルカメラ。

いよいよ電源オン。

最初に言語を選択できます。

顔認証の登録やWifiの登録などを行うと立ち上がります。

カッコいいデザイン!

5.5インチのIGZOディスプレイはさすが。見やすいです。

au Webポータルがブラウザのホーム画面に設定されています。

IGZOディスプレイはっ色が良く、文字も見やすいですね。

4K映像を表示しました。写真でお伝えするよりも実物はもっとキレイで、素直に驚きました。

AQUOS sense3 basic(左)とAQUOS sense3(右)を並べてみました。サイズは同じ。違いはカメラがシングルかデュアルかという点です。

AQUOS sense3 basic(左)とAQUOS sense3(右)。

画面サイズもディスプレイ解像度も同じですので、この点は変更ありません。

AQUOS sense3 basic(左)とAQUOS sense3(右)をベンチマークアプリで測定しました。

シンウルコアスコア、マルチコアスコア共に、意外にもAQUOS sense3 basicの方が若干高い数値を出しました。

 

コンピュートのスコアでもAQUOS sense3 basicの方が良い結果が出ました。

AQUOS sense3 basicの方が安いのに、スペックも良いのであれば、安心して購入できますね。

 

AQUOS sense3 basicとAQUOS sense3のスペック比較

UQモバイル版AQUOS sense3 basicとAQUOS sense3のスペック比較をまとめました。

製品名AQUOS sense3 basicAQUOS sense3
発売日2020年6月19日2019年11月8日
価格14,400円(定価:25,200円)21,600円(定価:32,400円)
OSAndroid 9.0Android 9.0
CPUsnapdragon™630 オクタコア (2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア)snapdragon™630 オクタコア (2.2GHz/4コア+1.8GHz/4コア)
ストレージ32GB64GB
メモリーカードmicroSD、microSDHC、microSDXC(最大512GB)microSD、microSDHC、microSDXC(最大512GB)
RAM3GB4GB
バッテリー4,000mAh4,000mAh
生体認証顔認証指紋認証、顔認証
ディスプレイ5.5インチ、フルHD(2160x1080ドット)5.5インチ、フルHD(2160x1080ドット)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/acIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth(5.0)(5.0)
NFC(おサイフケータイ/FeliCa)
GPS
カメラ(背面)1200万画素 F2.01200万画素 F2.0 +1200万画素 F2.4
カメラ(前面)800万画素 F2.2800万画素 F2.2
動画性能4K4K
コネクターUSB Type-CUSB Type-C
イヤホンジャック
防水・防塵機能
ワンセグ/フルセグ××
DSDS××
スロットnanoSIMx1、microSD×1nanoSIMx1、microSD×1
70mm70mm
高さ147mm147mm
奥行き(厚み)8.9mm8.9mm
重さ167g167g
カラーライトカッパー、シルバー、ブラックライトカッパー、シルバーホワイト
テザリング
緊急地震速報
津波速報/災害・避難情報

 

AQUOS sense3のデメリットと注意点

ワンセグ・フルセグには対応していない

AQUOS sense3はワンセグやフルセグには対応していません。

スマホで地上波のテレビをみる人はかなり減ってきているので、大きな問題ではないと思いますが、ワンセグ必須という人は念のため注意してください。

指紋認証には対応していない

AQUOS sense3 basicは指紋認証には対応していませんので、パスワード入力、パターン認証、顔認証を使ってのロック解除となります。

顔認証の場合はマスクをしたままでの認証が難しいため、パターン認証を併用するとよいでしょう。

広角カメラは非搭載

AQUOS sense3 basicはシングルレンズのカメラですので、広角レンズは搭載していません。

デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)には非対応

AQUOS sense3はNanoSIM×1+MicroSDの2スロットとなっており、SIMスロットは1つしか入りませんのでデュアルSIM・デュアルVolTE(DSDV)および、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)には非対応です。

DSDVは、4G+4Gでの同時待ち受けを可能とする機能です。データ通信専用の格安SIM+キャリアの通話SIM(ドコモ、au、ソフトバンク)の2枚同時利用での使い分けを実現できます。

 

AQUOS sense3 basicのネットでの反応・口コミ・評判

AQUOS sense3 basicの口コミ評判をtwitterからまとめました。

https://twitter.com/nonnnonnnottott/status/1264964109742641160?s=20

 

AQUOS sense3 basicの口コミを見ていると、やはりその安さに注目が集まっています。

AQUOS sense3よりもCPU性能やメモリは落ちているので、その分安さに期待が大きい声が多数。

初めてスマホを使うので、高い機種を買って失敗したくない人や、子供のスマホデビューにちょうど良い機種になっています。

 

【UQモバイル版】AQUOS sense3 basicの販売価格と料金プラン

AQUOS sense3のUQモバイルでの販売価格は25,520円(税抜き)となりますが、この端末代金は一括払いと24ヵ月分割、36か月分割払いから選択できますのでそれぞれの場合でご紹介します。

定価UQ公式オンラインショップ
一括払い25,200円14,400円
24回払い900円/月600円/月
36回払い770円/月400円/月

通常、AQUOS sense3 basicのUQモバイルでの定価は一括払いで14,400円、24回分割払いで600円/月、36回分割払いで400円/月となっています。

しかし、UQモバイル公式オンラインショップからの申し込みであれば10,800円引きで購入できるので、括払いで14,400円、24回分割払い600円/月、36回分割払いで400円/月と大変お得!!

安く正規品を買いたいのであれば、公式オンラインショップがおススメです。

 

UQモバイルの料金プラン

スマホプランS・スマホプランR

UQモバイルの料金プランは格安SIMの中でもかなりシンプルでわかりやすいことで定評があります。

ほとんどの人が選んでいる「スマホプラン」はUQならではのシンプルな料金プランで月々1,980円~で利用でき、さらに家族2台目からは家族割適用で500円引きとなり月々1,480円~とスマホ代をグンと節約することができます。

またスマホプランS:1,980円/月も、スマホプランR:2,980円も基本料金が変わらずずっと同じ値段で利用できます。

auやソフトバンクの料金プランのように始めだけ安くて半年後や2年後に割引適用が切れて高くなったり、固定インターネットも入ってないと広告の安い料金にならないということはありません。

また、データを使うほど段階的に値段が上がっていくということもありません。とても良心的です。

通話かけ放題は必要なひとだけオプションで付けることができ、毎回10分以内の通話が無料となる「かけ放題」は月々プラス700円、毎月60分間の無料通話がついてくる「通話パック」は月々プラス500円、国内通話かけ放題の「24時間いつでも」は月々プラス1,700円でそれぞれつけることができます。

データ容量はプランSで3GB:1,980円/月、プランRで10GB:2,980円/月から選択でき、特に新料金プランとして登場してスマホプランRは口コミでの評判がものすごく高く、実際に私も利用しています。

スマホプランRはデータ容量を使い切っても、最大1Mbpsで利用できるのでSNSやWEB検索、標準画質でのYoutube視聴などほぼストレスなく利用できています。

またデータ容量が足りないときは、「節約モード」に切り替えればデータが無制限で使えるのデータを追加購入する必要もありません。

節約モードを使っているときはスマホプランRの場合、最大1Mbpsで利用可能であり、ドコモ、auやソフトバンクにはない独自のメリットです。

また余ったデータを翌月にくり越せる点もドコモ、auやソフトバンクとの大きな違いです。

 

データ高速プラン・データ無制限プラン

データ高速プランは毎月3GBのデータ容量が利用できて月々980円とこちらも魅力的なプランです。

データ無制限プランはデータ送受信のスピードが最大500kbpsに制限されますが、データを無制限に利用することができるので、パケット代を気にせずに使いたい人に向いています。料金は月々1,980円と格安SIMならではの安さです。

注意点としては、どちらも「かけ放題」や「通話パック」などの無料音声通話をオプションでつけることができないので、後から柔軟に「かけ放題」を追加したなら「スマホプラン」を選ぶようにしましょう。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイル版AQUOS sense3 basicのキャッシュバックキャンペーン

UQモバイルに新規またはMNPで申し込む場合、AQUOS sense3 basicはUQモバイル公式オンラインショップからの申し込みであれば、キャッシュバックは適用されませんが、10,800円引きで購入できるので、括払いで14,400円、24回分割払いで600円/月、36回分割払いで400円/月と最もお得!!

 

さらに、家族割キャンペーン、学割キャンペーン、ギガMAX月割キャンペーンも併用可能ですので、UQモバイルをさらに安く利用する方法もあります。

UQモバイルのキャンペーンを最大限に併用する方法がもっと知りたい方は当サイトオリジナルの(UQモバイル最新キャンペーン総まとめ)もチェックしてみてください!

 

AQUOS sense3 basicレビューまとめ

AQUOS sense3 basicはこんな人におススメ!
  • カメラの複雑な設定は面倒!自動でキレイに撮りたい人
  • 防水・防塵などの安心感がほしい人!
  • 月々400円で買える!コスパ重視の人!

AQUOS sense3 basicはミドルスペックのスマホながら、5.5インチのIGZOディスプレイ防水・防滴を採用し、バッテリーも大容量で長持ちな安心の国産スマホ

しかも、しかも撮影シーンを自動で選んでくれる賢いカメラ搭載で、ポートレート撮影もでき、さらにインカメラでの自撮り撮影もキレイに調整できます

 

UQモバイルであれば、2年連続で格安SIMカードサービス顧客満足度調査において総合満足度1位を受賞しているので、格安SIMの中で最も安心です。

しかも、新規の人もMNP(電話番号そのまま)でUQモバイルに乗り換える人もUQモバイル公式オンラインショップからの申し込みであれば10,800円引きで購入できるので、括払いで14,400円、24回分割払いで600円/月、36回分割払いで400円/月と大変お得!!

UQモバイルのキャンペーンを最大限に併用する方法がもっと知りたい方は当サイトオリジナルの(UQモバイル最新キャンペーン総まとめ)もチェックしてみてください!