UQモバイル × iPhone

iPhone9(iPhoneSE2)発売は 4月に!第3週がターゲットか-最速予約方法をチェック

2020/3/28追記

アナリストのJon Prosser氏による最新のリーク情報によると、iPhone9(iPhoneSE2)の4月リリースに向けたAppleメンバーによる最終決定が、来週に持ち越されたことがわかりました。

4月リリースされることに変更はありませんが、決定が1週間伸びたことで、iPhone9の発表が4月中旬になる模様です。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1243571600072609792?s=20

 (訳)昨日からのiPhone 9ミーティングの更新: 彼らは最終決定を下さずに会議を去った。 彼らはまだ4月のリリースを検討しています。彼らは来週までに決定したいと言っていますが、もしそうするなら、それは4月中旬になるでしょう。

これにより、4月中旬となると、4月の第3週(4月13日の週)がターゲットになると予想されます。

iPhone9がひとたび発表されるとアクセスが集中し、手元に届く日程がどんどん遅くなってしまうため、Appleとdocomo、au、Softbankの公式ページを欠かさずにチェックしておきましょう。

↓iPhone9(iPhoneSE2)の最速予約方法をチェック↓

docomo公式オンラインショップ

au公式オンラインショップ

ソフトバンク公式オンラインショップ

AppleStore

 

2020/3/27追記

アナリストのJon Prosser氏による最新のリーク情報により、iPhone9(iPhoneSE2)が4月に出荷される準備ができていることが判明しました。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1243181085883801600?s=20

 

  (訳)先に述べたように-ロジスティクス上、iPhone 9は4月に出荷される準備ができています。 経済的圧力と株主の義務のため、Appleは4月にiPhone 9をリリースすることを検討しています。

Appleは直近の業績悪化により、株主への期待に応えるためにも、iPhone9のリリースを検討しているとの情報です。

Jon Prosser氏はこの情報の信ぴょう性を5段階評価の5としており、最も信頼できる情報となります。

4月のリリースが、上旬、中旬、下旬のいつになるのか定かではありませんが、新型iPad Proが発表されたときのようにサイレント発表される可能性が高いでしょう。

さらに、一部Twtter上のつぶやきでは4月の第二週にiPhone9が発売されるという情報もあり、審議は不明ですが、4月発売はかなり現実味を帯びてきた可能性があります。

 

2020/3/25追記

3月24日(日本時間3月25日AM2:00)に最新のiOS13.4が噂どおり正式リリースされましたが、iPhone9(iPhoneSE2)の同時発表はありませんでした。

先週の新型iPad ProとMacBook Air発表の流れから、iPhone9が近日中に発表されると期待されましたが、立て続けのリリースとはなりませんでした。

現在のところ、リリース日に関する有力な日程はありませんが、3月中の発表があるとすれば、3月31日(火)(日本時間4月1日(水)AM2:00)が考えられます。

新型iPad Pro同様に、WEB上で突如公開されることが考えられますので、初回予約に出遅れなためにはAppleおよび、大手キャリアの公式ページを時々チェックしておいたほうが良さそうです。

↓iPhone9(iPhoneSE2)の最速予約方法をチェック↓

docomo公式オンラインショップ

au公式オンラインショップ

ソフトバンク公式オンラインショップ

AppleStore

 

2020/3/22追記

AppleStoreが3月27日まで閉鎖されることを一週間前にお伝えいたしましたが、店舗の閉鎖が無期限に延長されていることがわかりました。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1241428803072778241?s=20

アナリストのJon Prosserによると、Appleは店舗チーム側と週2回の電話会議で連絡を取り合っており、社内の業務アプリに安全な連絡方法を追加したという情報です。

店舗の閉鎖が長引くことで、iPhone9(iPhoneSE2)の発売タイミングに影響が出ることが考えられますが、一方でこのような状況下でも新型iPad ProとMacBook Airは先日発売され、オンラインからの注文を受け付けていますので、この情報だけでiPhone9のリリースが無期限延期と捉える必要はなさそうです。

iPhone9(iPhoneSE2)の発売タイミングが判明次第、すぐにお伝えしていきます。

 

2020/3/21追記

Appleが技術者や開発者向けに毎年開催しているWWDCの開催日程が、6月1日で予定されていると、アナリストのJon Prosserが伝えました。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1240788240053010432?s=20

WWDCはMac OSやiOSの最新版を始めとして、新製品の発表が行われる場ともなっており、今年の動向が注目されます。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1240772366000697344?s=20

また、Jonは5GとA14Xプロセッサーを搭載した新しいiPad Proが今年の終わり頃に予定されていることも伝えています。

期待のiPhone9(iPhoneSE2)については、大量生産が再開されたことを一昨日報じましたが、本日時点で続報がありません。

もしもiPhone9の発売が遅延し続けた場合、6月のWWDCでの発表もありうるかもしれません。

しかしながら、当初3月末と噂されていたことから、近日中の発表にまだ期待を持ち続けたいところです。

 

2020/3/20追記

アナリストのJon Prosserによると、AppleがiPhone9の大量生産を開始いたしました。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1240394508031926277?s=20

Appleはコロナウイルスの影響により、大量生産をいったん中心していましたが、これを”再開”したというのが最新の情報です。

Jon Prosserはさらに、iPhone9 Plusの存在も認めています。

また、最新のツイートでは、今週のAppleからの新機種のリリースはこれ以上ないと伝えています。

https://twitter.com/jon_prosser/status/1240619577379258372?s=20

昨日までの情報では、新型iPad Proに続いて、iPhone9が今週連続リリースされるウワサが飛び交いましたが、Jon ProsserによるとiPhone9は大量生産をちょうど再開したばかりというのが現在のステータスであり、今週のリリースはないというものです。

この最新情報から、今週中のiPhone9の発表は可能性が低くなりましたが、iPhone9自体はiPhone9 Plusとともに着々と準備が進められており、手に入る日がすぐそこまで来ているということです。

となると、iPhone9の発表はいつになるのかということですが、過去のiPhoneの発表では火曜日に行われることが多いことから、次は3月24日(火)に期待されます。

2020/3/19追記

昨夜、新型iPad Proと新型MacBook Airが突如サイレントリリースされたことを受け、iPhone9(iPhoneSE2)が急に発表される可能性が現実味を帯びてきました。

AppleStoreで新型iPad Proを注文すると、最短で3月25日(水)に届くステータスとなっており、その日は最新OSのiOS13.4がリリースされる日となっています。

従って、iPhone9(iPhoneSE2)もiOS13.4が搭載されることを考えると、3月25日の出荷の可能性が考えられ、注文のリードタイムから今日、明日には突如発表されることもありえるのではないでしょうか。

新型コロナウィルスの影響で、iPhone9の生産が大幅に遅れているというウワサがこれまでに何度かありましたが、新型iPad Proは無事に発表されました。

であれば、iPhone9についても近日中に発表と出荷が行われてもおかしくなくなさそうです。

いずれにせよ、ここ数日間はApple公式サイトとdocomo、au、SoftBankのサイトから目が離せません。

人々で混雑した店舗を避けるためには、iPhone9(iPhoneSE2)の予約はオンラインからが最も安全で確実です。

最速で予約して最速で受け取りたい方は、下記の公式サイトをチェックしておいてください。

docomo公式オンラインショップ

au公式オンラインショップ

ソフトバンク公式オンラインショップ

AppleStore

2020/3/17追記

Apple情報専門の米ニュースサイトである9to5Macを始め複数のメディアが新たに伝えた情報によると、現在開発中のiOS14のコードから、Appleは少なくとも4.7インチと5.5インチのサイズに対応する2つのiPhone9を計画中であることが判明いたしました。

米メディアは4.7インチをiPhone9、5.5インチをiPhone9 Plusとしており、同様に4.7インチと5.5インチのバージョンを備えたiPhone8を置き換えるものになるとしています。

iPhone9 Plusが計画されていることが報じられたのは今回が初めてで、iPhone9の登場がより現実に一歩近づいたと言えそうです。

さらに、iPhone9とiPhone9 Plusの両方がA13Bionicチップを搭載しており、Face IDではなくTouch IDを提供することからホームボタンがデザインされるとの情報です。

また、新しいモデルは、バックグラウンドでNFCタグをスキャンすることもできます。これは、iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone 11でのみ可能であり、iPhone 8またはiPhone Xではできない機能となっています。

価格に関しては、Appleは通常、PlusまたはMaxブランドのモデルを100ドル高くします。これは、64GBのストレージを搭載したiPhone9が399ドルとすると、iPhone9 Plusが499ドルになると推測できます。

 

2020/3/15追記

Appleのティム・クックCEOが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中国を除く全世界の全てのアップルストアを3月27日まで閉鎖すると発表いたしました。

今では世界24ヵ国に500店舗規模にもなるアップルストアを一斉に閉鎖することで、感染の脅威から人々を守る判断がいち早く行われました。

ここからは推測ですが、このピンチを逆手に取ると、3月28日の営業再開時にiPhone9(iPhoneSE2)を発売させるというサプライズも可能ではないでしょうか?

生産の遅れや発売の延期が噂されるiPhone9(iPhoneSE2)ですが、新型iPadの同時発表も控えていることから、少しでもインパクトのある方法でリリースすると考えてもおかしくなさそうです。

 

 

2020/3/14追記

Appleが毎年6月に開始しているWWDC(Worldwide Developers Conference)をオンラインのみで開催することを正式に発表しました。

WWDCは例年、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの最新テクノロジーを開発者向けに披露する一大イベントとなっており、会場となるカルフォルニア州クパチーノに数千人の開発者が集まります。

今回はこのカンファレンスをオンラインのみで開催することにより、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙いがあります。

このリリースを正式に発表した3月13日から3ヵ月も先に開催されるイベントに対してもこのような措置をとったということは、6月に至っても新型コロナウイルスの終息が見込めないと判断したと考えられ、この問題がいつまで長期化するのか懸念されます。

一方、iPhone9(iPhone SE2)はWWDCよりも先だって、当初3月末に発表されると噂されていましたが、やはり製品発表会の開催可能性は極めて低く、これまでiPadの発表でもあったようにWEB上でのリリースとなることがより現実的になったと言えそうです。

 

2020/3/9追記

Bloombergの記事によると、バンクオブアメリカのアナリストが今年9月に予定されているiPhone12の発売が1ヵ月遅れ、iPhone9(iPhoneSE2)は数か月遅れると伝えました。

出荷が遅れる1つ目の理由は部品の安定供給の問題と、多くの工場がまだ作業を再開していないという事実です。2番目の理由は、コロナウイルスの発生によるマーケット需要の弱さです。

バンクオブアメリカのアナリストは、iPhone9の正確なリリース日は「4月と5月の回復ペースに依存する」と報告書で述べています。

 

2020/3/8追記

中国のメディアcnBetaが、iPhone9(iPhoneSE2)とされる最新の流出画像を伝えています。

出典:cnBeta(https://www.cnbeta.com/articles/tech/950727.htm)

 

シングルカメラにホワイトのボディ。中央に配置されたAppleロゴとガラス筐体の背面デザイン、これらはこれまでのiPhone9(SE2)のリーク情報の中でもかなり本物に近いものとなっています。

399$とされる廉価版のiPhoneはiPhone11と同じ最新のA13チップを搭載しながら、メモリを3GBに抑え、iPhone8のデザインを踏襲したホームボタンありのデザインで登場すると予想されています。

この画像が本物であると断定することはできませんが、現時点で最も真実にのある情報に見えてなりません。

2020/3/6追記

DIGITIMESによると、Appleは当初第一四半期(1~3月)に発売予定のiPhone SE2の出荷の引き込みを第二四半期(4~6月)に延期するようになったと伝えられています。

その結果、新しいiPhoneのサプライヤーである台湾メーカーのZhen Ding Technologyの収益が、通常なら落ち込む第二四半期(4~6月)に高い収益パフォーマンスになると予想されているとの情報です。

従って、すでに生産の最終段階に入ったとされるiPhone9(SE2)ですが、発売日当日分に変える初回出荷の台数は限定的になると見込まれ、本格的に行きわたるのは4月~6月にかけてになりそうです。

いよいよ今月末に発表が迫ったiPhone9(iPhone SE2)ですが、ここへ来て例年iPhone新製品発表時に行われる対面のメディアイベントを中止する可能性がある情報がDIGITIMESにより伝えられました。

代替案として、Appleはプレスリリースを通じてWEBでの告知でiPhone9(SE2)をデビューさせるもしくは、クパチーノとニューヨークにて個別のメディア向けに限られた取材形式にてリリースする可能性があるようです。

399ドル(日本円で約43,000円)になると噂される廉価版iPhoneの登場に注目が集まる中、新たに情報が飛び交うカラーバリエーションや、新型コロナウイルスの影響による生産遅延から発売予想日程まで、まとめてお伝えします。

 

iPhone9(iPhone SE2)の流出画像集

現在TwitterでよくみかけられるiPhone9(iPhone SE2)の画像の一つです。

iPhone11シリーズやiPhoneXRに見られるようにカラーバリエーションが特徴で、前面デザインはiPhone8とほぼ同じですね。

 

https://youtu.be/hOe6Y1VtpzQ

現在Twitterでも話題になっているこちらのリーク動画では、iPhone SEの筐体デザインに、iPhone8のようなホームボタンがあるデザイン、そして背面がガラス筐体としてデザインされています。

しかしこの動画にあるiPhoneは一瞬表示されるビデオアプリのアイコンが古かったり、背面に最新モデルでは刻印されていない背面の「iPhone」の刻印があったりと、ニセ情報である可能性が高いとも言われています。

iPhone9(iPhone SE2)の最新有力動画

海外の最新のiPhone9(iPhone SE2)リーク動画では、こちらの動画が最も有力であると考えられます。

動画ではiPhone8と同じ4.7インチディスプレイ、Retinaディスプレイでデザインされ、サイズが縦:138.5mm、横幅:67.4、奥行:7mmになると伝えられています。

前面にはホームボタンがあり、指紋認証によるロック解除に対応。

カメラはシングルカメラで、背面のアップルマークの下にある「iPhoneロゴ」は削除されています。

背面の処理はiPhone11のようにつや消しのガラス処理が施され、ワイヤレス充電をサポート。

まさにiPhone8のサイズ感に、iPhone11の最新デザインを融合したようなモデルになっています。

発表は3月31日(火)予約開始日は4月3日(金)発売日が4月10日(金)になる説が有力

ドイツの有力メディアによると、iPhone9(iPhone SE2)は3月31日(火)発表で、4月3日(金)に予約開始、4月10日(金)に発売開始になると報じられています。

元々の海外情報では、3月中旬の発表で発売が3月20日とする説が有力ですが、新型コロナウイルスの影響により新型iPhoneの生産に遅れが出ているという噂もあり、発売が4月にずれ込むとうのは納得ですね。

日本では販売されない噂は本当?

iPhone9(iPhone SE2)の価格は399ドル(日本円で約43,000円)と予想されていることから、低価格モデルに位置付けられています。

そのため、iPhone9のメインとなるターゲット市場はインドとなり、その次に大きなマーケットである中国であると噂されています。

すでに高価格帯のiPhoneが十分なシェアを持つ日本では、この廉価モデルのiPhoneは発売されないのではないかとの見方がありますが、その真偽はまだ定かではありません。

現在日本のApple Storeで販売されているiPhone8の64GBは52,800円ですので、新型のiPhone9(iPhone SE2)が本当にiPhone8よりも安く日本で発売されるのか、引き続き情報を追っていきたいと思います。

新型コロナウイルスの影響でiPhone SE2の生産が遅れている?

NIKKEI ASIAN REVIEWによると、iPhone SE2の生産は当初2月末までに大量生産を開始する予定だったので、新型コロナウイルスの影響により3月のどこかまで延期される可能性があります。

iPhoneの部品のサプライヤーはほとんどが中国に拠点がありますが、新型コロナウイルスの影響により十分な労働力が安定供給されてないとの見方です。

その結果、当初3月中と噂されていたiPhone SE2の発売開始が延期され、4月にずれ込むとの予想になっています。

(参考:https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/Apple-s-iPhone-supply-woes-to-continue-into-April-sources

iPhone8と同じホームボタンがあるデザイン?

iPhone9(iPhone SE2)はiPhone8と同じく、画面下にホームボタンが搭載される可能性が非常に高いです。

ホームボタンは指紋認証によるロック解除を可能にするため、旧来のiPhoneを利用している人々には操作性を損なわずに使えるため、根強いニーズがあります。

ホームボタンがない最新のiPhone11では、顔認証でのロック解除となるため、今回のようにマスクをしている生活ではロック解除ができずに不便ですので、ホームボタンが搭載されているのは非常に嬉しい情報ですね。

iPhone SEを踏襲したデザインにはならない?

iPhone9(iPhone SE2)のデザインとして最も初めに想像(期待)してしまうのは、上の画像にあるように、従来のiPhone SEの角ばった筐体デザインのカッコよさに、現在のiPhone11にも採用されているノッチデザインと、背面のガラスデザインです。

しかし、現段階で有力なリーク情報ではiPhone8のデザインを踏襲する可能性が高いことから、iPhoneSEのような角ばったデザインは採用されず、ホームボタン有のiPhone8の延長線上のデザインになる可能性が高いと言えます。

3.5mmイヤホンジャックは搭載?

iPhone9(iPhone SE2)では3.5mmイヤホンジャックは搭載されないとの見方が有料区です。

iPhone8ではイヤホンジャックは既に廃止されていたため、iPhone8のデザインをリモデルしたiPhone9(iPhone SE2)ではイヤホンジャックなしである可能性は高いと言えます。

iPhone9(iPhone SE2)は6色展開になるとの情報も?

ここにきて、iPhone9(iPhone SE2)のカラーバリエーションが6色展開になるという噂があがっています。

リーク情報によると新色のブルーや、イエロー、人気のレッドなど購入意欲をそそるカラーリングが伝えられています。

 

一方、現実的なところでは、ブラック、シルバー(ホワイト)、ゴールドの3色展開が有力であると考えられます。

あくまで廉価版モデルですので、Appleがどこまでカラーバリエーションを生産するのか、期待しながら最新情報を待ちたいと思います。

本記事の情報は、新型iPhone発表前の各種メディアのリーク情報を元に制作しております。デザイン、スペック等の確定情報は、Appleによる正式リリースをお待ちください。

 

iPhone9(iPhoneSE2)の予約方法・入手方法

iPhone9(iPhoneSE2)を発売日や発売からすぐに入手しておくためには、予約開始日にすぐに予約をしておく必要があります。

店頭に並んで入手することもできなくはないですが、発売からしばらくの間は各ショップは長蛇の列となり数時間待ちは当然。

しかもこの時期、人が密集する店頭に行くのは避けた方が賢明でしょう。

安全で確実なのはやはりネットから予約購入する方法です。

iPhone9(iPhoneSE2)をネットから購入する方法は、下記の4種類となります。