UQモバイル × iPhone

iPhoneSE(第2世代)実機レビューと最適な格安SIM5選!SIMフリー/au/SoftBank/楽天モバイル料金比較も【iPhoneSE2/iPhone9/iPhonse2020】

待望のiPhoneSE(第2世代)が日本時間の4月16日深夜0時に発表されました。

予約開始は4月17日(金)夜9時から、最短でのお届け予定日(発売日)は4月24日(金)となっています。

予約受付はdocomo公式オンラインショップau公式オンラインショップソフトバンク公式オンラインショップAppleStoreから。

予約開始直前はアクセスが集中して、受取日が遅くなるのでそれぞれの公式オンラインショップを要チェックです。

新型iPhoneSEの良い点
  • 44,800円(64GB)/49,800円(128GB)/60,800円(256GB)で安い
  • A13チップ(iPhone11 Proと同じ頭脳)
  • ホームボタンでロック解除(マスクしててもOK)
  • 人物のポートレート撮影に対応(フロントカメラ、リアカメラ両方)
  • フロントカメラにも手ぶれ補正
  • eSIMに対応(デュアルSIM:nano-SIMとeSIM)
  • 耐水防塵(IP67等級:水深1メートルで最大30分間の耐水性能)
  • 急速充電器に対応
  • Wi-Fi6対応
  • ギガビットLTE対応
  • Apple Pay(Felica)対応
  • 148g(iPhone11より46gも軽い)
  • iPhoneSE(初代)、iPhone6/6s、iPhone7、iPhone8からの買い替えならバツグンに良い!
新型iPhoneSEのイマイチな点
  • iPhoneSE(第1世代)の角ばったデザインではなくなった
  • iPhone11 Proにある超広角撮影はできない(広角撮影は対応)
  • iPhone11 Proにあるナイトモードでの撮影はできない
  • iPhone11 Proにある人物以外(モノ)のポートレート撮影はできない
  • イヤホンジャックは無し
  • iPhoneX、iPhone11の画面の大きさに慣れていると少し画面が小さく感じる
iPhoneSE(第2世代)最速予約方法

docomo公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

au公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

ソフトバンク公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

AppleStore (2020年4月17日(金)21:00~)

 

目次

iPhoneSE(第2世代)の発表日・予約開始日・発売日

iPhone SE
発表日2020年4月16日(木)深夜0時
予約開始日2020年4月17日(金)21:00~
発売日2020年4月24日(金)

iPhoneSE(第2世代)は、スペシャルイベントによる発表形式ではなく、Apple公式ページでのサイレントリリースとなりました。

 

iPhoneSE(第2世代)の名称・ラインナップ

2020年の新型iPhoneの名称はiPhoneSEとなりました。

事前の予想では、iPhoneSE2、iPhone9、iPhoneSE2020と飛び交いましたが、正式名称はiPhoneSEです。

発表されたラインナップは4.7インチの1種類のみで、事前にウワサされた6.1インチのiPhoneSE Plusの発表はありませんでした。

  • iPhoneSE →発表!
  • iPhoneSE Plus→ 発表なし

また、iPhoneSE(第2世代)の登場と同時に、Apple公式ページからiPhone8が姿を消しました。

デザインやサイズもiPhone8を踏襲していることから、iPhoneSEはiPhone8の後継製品としての位置づけといえます。

 

iPhoneSE(第2世代)の色・カラーバリエーション

カラーバリエーション
iPhoneSEホワイト、ブラック、(PRODUCT)RED

iPhoneSEのカラーは3色で、ホワイト、ブラック、レッド(PRODUCT RED)です。

ブラックはいわゆるスペースグレーとは違って、ブラックと呼ぶにふさわしい黒色となっています。

 

iPhoneSE(第2世代)のストレージ容量・価格

容量価格(税別)
64GB44,800円
128GB49,800円
256GB60,800円

iPhoneSEは64GB、128GB、256GBの3種類で発売。

最安の64GBモデルは44,800円(399ドル)と、5万円を切る価格で廉価版iPhoneの名にふさわしい価格となっています。

 

iPhoneSE(第2世代)の最安価格比較(docomo、au、SoftBank、楽天モバイル)

税込価格64GB128GB256GB
AppleStore49,280円54,780円66,880円
docomo57,024円62,586円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
ソフトバンク57,600円64,080円78,480円
楽天モバイル販売無し販売無し販売無し

iPhoneSE(第2世代)の販売価格が各社でそろいました。

一括支払いで購入した場合の純粋な端末価格の比較では、上の表の通りApple StoreでSIMフリー版を購入するのが最安となります。

また、今回は特に出荷時期がAppleStoreと3大キャリアで異なり、AppleStoreでは4月28日~5月9日となっていますが(4月20日時点)、docomo、au、SoftBankは5月11日の発日となります。

docomo、au、SoftBankはそれぞれ25ヶ月目までに機種を買い替えし、今回のiPhoneSEを回収することを条件に、金額が2万円以上安くなるプログラムを適用できますのでキャリアでの継続利用をする方は、キャリアでの縛りがずっと続きますがプログラムを利用する方が安くすみます。

 

docomoのiPhoneSE(第2世代)販売価格

docomo(税込)64GB128GB256GB
機種変更・一括購入57,024円62,568円75,240円
機種変更・スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
他社からMNP35,024円40,568円53,240円

現在docomoを利用されている方が、機種変更でiPhoneSEを購入する場合、一括での購入はAppleStoreでSIMフリー端末を買うよりも約8,000円程度、割高となります。

そこで、「スマホおかえしプログラム」を使うことで、約2万円程度安く購入することができますので、購入から24ヵ月目にiPhoneSEを返却してdocomoで機種変更をする人であれば、断然こちらの方がお得です。

他社からMNPをする人はさらにお得になっており、64GBモデルであればたったの35,024円で手に入ります。

docomo公式オンラインショップ

 

auのiPhoneSE(第2世代)販売価格

au(税込)64GB128GB256GB
機種変更・一括購入55,270円61,250円75,215円
機種変更・かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
他社からMNP33,270円39,250円53,215円

現在auを利用されている方が、機種変更でiPhoneSEを購入する場合、一括での購入はAppleStoreでSIMフリー端末を買うよりも約6000円~8,000円程度、割高となります。

そこで、「かえトクプログラム」を使うことで、27,000円~35,000円程度安く購入することができますので、購入から25ヵ月目にiPhoneSEを返却してauで機種変更をする人であれば、断然こちらの方がお得です。

他社からMNPをする人にもお得になっており、64GBモデルであればたったの33,270円と、AppleStoreよりも15,000円ほど安く手に入ります。

au公式オンラインショップ

 

SoftBankのiPhoneSE(第2世代)販売価格

SoftBank(税込)64GB128GB256GB
機種変更・一括購入57,600円64,080円78,480円
機種変更・トクするサポートプログラム28,000円32,040円39,240円
他社からMNP36,000円42,480円56,880円

現在SoftBankを利用されている方が、機種変更でiPhoneSEを購入する場合、一括での購入はAppleStoreでSIMフリー端末を買うよりも約8,000円~12,000円程度、割高となります。

そこで、「トクするサポートプログラム」を使うことで、29,000円~39,000円程度安く購入することができますので、購入から25ヵ月目にiPhoneSEを返却してSoftBankで機種変更をする人であれば、断然こちらの方がお得です。

他社からMNPをする人にもお得になっており、64GBモデルであればたったの36,000円と、AppleStoreよりも12,000円ほど安く手に入ります。

ただ、全体的にみるとSoftBankが3社の中で一番高い価格設定となっているのは意外でした。

ソフトバンク公式オンラインショップ

 

ヨドバシカメラのiPhoneSE(第2世代)販売価格・在庫情報

税込価格64GB128GB256GB
ヨドバシカメラ49,280円54,780円66,880円
ポイント1%還元492ポイント548ポイント669ポイント

ヨドバシカメラにて販売しているSIMフリー版iPhoneSEの価格は、AppleStoreと同じです。

ヨドバシポイントもつきますが、1%のみの還元ですので、64GBモデルで492ポイント。

在庫状況は全てお取り寄せとなっており、Twitterの口コミをみると既に注文した人でもまだ届いていなかったり、いつ入荷するかの回答ももらえてないという声がありました。

 

ビックカメラのiPhoneSE(第2世代)販売価格・在庫情報

税込価格64GB128GB256GB
ビックカメラ49,280円54,780円66,880円
ポイント1%還元493ポイント548ポイント669ポイント

ビックカメラにて販売しているSIMフリー版iPhoneSEの価格も、ヨドバシと同じくAppleStoreと同額です。

ビックポイントもつきますが、1%のみの還元ですので、64GBモデルで493ポイントとなります。

在庫状況は、5月2日時点で64GBのブラックとレッドのみ在庫あり。その他は売り切れで次回入荷未定となっています。

Twitterでの口コミをみると、すでに注文した人がその後音沙汰がなかったり、在庫が復活するのをずっと待っている状況のようです。

 

iPhoneSE(第2世代)のデザイン

iPhoneSEの気になるデザインをまとめました。

 

4.7インチのRetina HDディスプレイ

iPhoneSEの画面サイズは4.7インチとなり、iPhone6、iPhone7やiPhone8と同じです。

第1世代のiPhoneSEは4インチでしたので、少し大きくなりました。

参考までにiPhone11は6.1インチ、iPhone11 Proは5.8インチですので、iPhoneSE(第2世代)は小ぶりで手に持ちやすいサイズ感となっています。

画面はRetina HDディスプレイとなっており、液晶ですのでiPhone11に採用されている有機ELではありません。

 

ガラスとアルミボディを採用

iPhoneSEは背面に高級感のあるガラス素材を採用。

これはiPhone11シリーズにも採用されており、指紋が目立たない処理がされています。

 

本体サイズと重量はiPhone8と同じ

iPhoneSE(第2世代)の本体サイズは、幅:67.3mm、高さ:138.4mm、厚さ:7.3mm、重量:148gと、iPhone8と全く同じとなっています。

ただし、4インチだったiPhoneSE(第1世代)に比べると、やはり一回り大きくなっているので、4インチサイズを望んでいた人にとっては残念なポイント。

iPhone11(6.1インチ)に比べれば、一回り以上サイズがコンパクトなので、操作がしやすい小型のiPhoneを望んでいた人にとっては、非常に魅力的な製品となっています。

 

Touch ID付きのホームボタンを採用

iPhoneSEの最大の特徴はホームボタンがあることです。

Touch IDが組み込まれているので、指紋でロック解除が可能。

顔認証と違って、マスクをしていてもロック解除ができます。

 

耐水、防沫、防塵設計

iPhoneSEはIEC規格60529にもとづくIP67等級の防沫性能、耐水性能、防塵性能となっています。

これは、理論上、最大水深1メートルで最大30分間耐えられる設計となります。

 

3.5mmイヤホンジャックは無し

iPhoneSEは残念ながら3.5mmイヤホンジャックは搭載していません。

その代わりに、Lightning Connectorに接続するイヤホン(EarPods with Lightning Connector)が付属しています。

また、iPhone11 Proに付属していた18Wの急速充電器は添付されておらず、従来通りの5Wの充電器となります。

iPhoneSE(第2世代)最速予約方法

docomo公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

au公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

ソフトバンク公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

AppleStore (2020年4月17日(金)21:00~)

 

iPhoneSE(第2世代)の新機能

iPhoneSE(第2世代)にはiPhoseSE(第1世代)にはなかった機能と、受け継いだ機能がり、これまでの使い勝手を継承しながら大幅なスペックアップを実現しています。

最新のA13チップ

iPhoneSE(第2世代)には、iPhone11 Proと同じ最新のA13 Bionicチップが搭載されました。

A13プロセッサの特徴
  • 85億個のトランジスタ:A12プロセッサの69億個から約23%増加。
  • 6コアのCPU:2.66GHzのパフォーマンス重視「Lightning」コア2つと、効率性重視の「Thunder」コア4つで構成。
  • クアッドコアGPU:機械学習用に8コアのニューラルエンジンが搭載されており、1秒に1兆回の演算が可能。
  • 最大20%の処理性能向上:CPU、GPU、ニューラルエンジンの総合で、A12からパフォーマンスが向上。
  • 最大30%の電力効率:A12と比較した省電力性が向上。

A13チップセットは、マルチコアのCPUパフォーマンスとGPUを備えていてスムーズな操作感を実現。

廉価版iPhoneでありながら、そのパワーは最も高いものとなっています。

シングルカメラでポートレート撮影・4K動画に対応

iPhoneSEのカメラはシングルカメラですが、ポートレート撮影にもしっかりと対応しています。

また、動画撮影は4Kに対応しており、光学式手ぶれ補正機能もついています。

シングルカメラですので、iPhone11にある超広角レンズは搭載していません。

eSIM(デュアルSIM)に対応

iPhoneSE(第2世代)はeSIMによるデュアルSIMに対応しています。

SIMを2枚搭載できるSIMスロットになっているわけではなく、あくまでSIMは1枚のみ搭載可能で、2枚目はeSIMによって利用できることがポイント。

これにより、1台のiPhoneで2つの電話番号を使い分けたり、メインのSIMとサブのデータ専用SIMとで使い分けることができます。

さらに、海外旅行先で現地のeSIMを利用することで、SIMカードを入れ替えてあやうく紛失するというリスクもなくなります。

 

バッテリー持続時間がiPhone8に比べて約33%も向上

iPhoneSE(第2世代)のバッテリーは、Apple公式サイトのスペック表では、「iPhone8と同等のバッテリー性能」と表現されていますが、iPhone8よりも約33%バッテリー持続時間が長いことがわかりました。

Apple製品のレビューを行うYoutubeチャンネル「iAppleBytes」が、実際にiPhone8とiPhoneSEを同じ条件でバッテリーの持ちを比較検証しました。

使用した検証アプリは「GeekBench 4」で、iOS13.4.1に揃えて検証。

その結果、iPhone8は3時間9分でバッテリーが切れ、iPhoneSE(第2世代)は4時間12分も動作を続けました。

GeekBench4によるバッテリースコアは、iPhone8の1,887に対して、iPhoneSE(第2世代)が2,515となり、約33%も高い計測結果となりました。

GeekBench 4での検証iPhone8iPhoneSE(第2世代)
稼働時間(※)3時間9分4時間12分
バッテリースコア1,8872,515

(※稼働時間はあくまでベンチマーク用アプリでフルパワーで使い続けた場合の時間です)

従った、スペック上は「iPhone8と同じバッテリー性能」とされているiPhoneSE(第2世代)ですが、実測ではiPhone8の約1.3倍の性能を発揮していることから、最新のA13チップによる電力効率向上の恩恵が出ているものと考えられます。

 

iPhoneSE(第2世代)のデメリット

iPhoneSEはiPhone11 Proと同じA13チップを搭載しており、頭脳はハイエンドモデルと同等ですが、やはり廉価版ではありますので、いくつかデメリットと呼ぶべき特徴もあります。

それはズバリ、カメラ周り。

シングルカメラながら、人物のポートレート撮影にまで対応していますが、いくつかできないこともありますので、購入してから「こんなはずじゃなかった」とならないように知っておきましょう。

超広角撮影には対応していない

iPhone11シリーズでは、デュアルカメラ、トリプルカメラにより超広角レンズを搭載していますが、iPhoneSEはシングルカメラの通常の広角レンズであり、超広角レンズは搭載していません。

より画角が広い写真を撮りたい場合は、注意が必要です。

ナイトモード撮影には対応していない

iPhone11シリーズに搭載されている、ナイトモード撮影にはiPhoneSEでは対応していません。

ナイトモードがあれば、暗くて明るさが足りない場所でも、フラッシュなしでしかも自動的に明るくとることができる機能ですが、iPhoneSEにはありません。

とはいえ、12Mピクセルのカメラですので暗い場所でもある程度キレイな写真を撮ることはできます。

人物以外のポートレート撮影に対応していない

ポートレート撮影機能を使えば、一眼レフカメラで撮ったような、背景にボケみのある写真が簡単にとれます。

iPhoneSEでは人物でのポートレート撮影に対応しており、フロントカメラでもリアカメラでもポートレート撮影が可能です。

しかし、モノや食べ物、動物などを撮影する時には、このポートレート撮影は働きませんのでご注意ください。

 

5Gには非対応

iPhoneSE(第2世代)は次世代の通信規格である「5G」には対応していません。

これは、今後のOSのアップデートで対応できるものではないので、あくまで従来の4GLTEでの通信となります。

しかしながら、ギガビットLTEに対応しているので、iPhone8よりも通信速度が速くなっています。

 

iPhoneSE(第2世代)のスペック一覧・比較 vs iPhone 8/7/6s/SE(第1世代)

iPhoneSE
(第2世代)
iPhone8iPhone7
カラーブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDゴールド、シルバー、スペースグレイ、PRODUCT REDシルバー、ゴールド、ブラック、ローズゴールド
容量64/128/256GB64/128/256GB32/128GB
ディスプレー4.7型 RetinaHD4.7型 RetinaHD4.7型 RetinaHD
サイズ67.3×138.4
×7.3mm
67.3×138.4
×7.3mm
67.1×138.3
×7.1mm
重量148g148g138g
CPUA13A11A10
アウトカメラ12メガ
/F値1.8/ポートレート/光学手ぶれ補正
12メガ
/F値1.8/光学手ぶれ補正
12メガ
/F値1.8/光学手ぶれ補正
インカメラ7メガ
/F値2.2/ポートレート
7メガ
/F値2.2
7メガ
/F値2.2
動画撮影4K/60fps
フルHD/240fps
フルHD(イン)
4K/60fps
フルHD/240fps
フルHD(イン)
4K/30fps
フルHD/240fps
フルHD(イン)
手ぶれ補正○(光学式)
生体認証○(指紋)
最大通信速度ギガビット級LTE4GLTE4GLTE
Wi-FiMIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6MIMO対応802.11ac Wi‑FiMIMO対応802.11ac Wi‑Fi
防水防塵○(IP67)
3D Touch 触感タッチ3Dタッチ3Dタッチ
FeliCa
SIMnanoSIM+eSIM(デュアルSIM)nanoSIMnanoSIM
コネクターLightning
3.5mmイヤホンジャックなし
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/40時間
13時間
/40時間
13時間
/50時間
ワイヤレス充電×
高速充電
発売時期2020年4月2017年9月2016年3月

 

iPhoneSE
(第2世代)
iPhone6siPhoneSE
(第1世代)
カラーブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールドシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド
容量64/128/256GB32/128GB32/128GB
ディスプレー4.7型 RetinaHD4.7型 RetinaHD4型 Retina
サイズ67.3×138.4
×7.3mm
67.1×138.3
×7.1mm
58.6×123.8
×58.6mm
重量148g143g113g
CPUA13A9A9
アウトカメラ12メガ
/F値1.8/ポートレート/光学手ぶれ補正
12メガ
/F値2.2
12メガ
/F値2.2
インカメラ7メガ
/F値2.2/ポートレート
5メガ
/F値2.2
1.2メガ
/F値2.4
動画撮影4K/60fps
フルHD/240fps
フルHD(イン)
4K/30fps
フルHD/120fps
HD(イン)
4K/30fps
フルHD/120fps
HD(イン)
手ぶれ補正○(光学式)××
生体認証○(指紋)
最大通信速度ギガビット級LTE4GLTE4GLTE
Wi-FiMIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6MIMO対応802.11ac Wi‑Fi802.11ac Wi‑Fi
防水防塵○(IP67)××
3D Touch 触感タッチ3Dタッチ
FeliCa××
SIMnanoSIM+eSIM(デュアルSIM)nanoSIMnanoSIM
コネクターLightning
3.5mmイヤホンジャック×
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/40時間
11時間
/50時間
13時間
/50時間
ワイヤレス充電×
高速充電××
発売時期2020年4月2015年9月2016年3月

 

 

iPhoneSE(第2世代)の口コミ・評判

iPhoneSEを実際に予約・注文した人が続々と出ています。Twitterを通じた生の口コミ・評判をお伝えします。

iPhoneSE(第2世代)の良い口コミ・評判

 

https://twitter.com/mkn_128/status/1256703209243938817?s=20

 

https://twitter.com/SuPleiades/status/1256391750450462721?s=20

 

iPhoneSE良い口コミのまとめ
  • 安く手に入る、コスパが良い
  • iPhoneSEの画面が小さい(4インチ)ので、4.7インチで見やすくなる
  • ホームボタンがあって指紋認証でロック解除できる!
  • iPhone11よりもニーズに合っている
  • 性能が十分
  • 緊急速報がちゃんと届いた

 

iPhoneSE(第2世代)の悪い口コミ・評判

 

iPhoneSE悪い口コミのまとめ
  • カメラの出っ張りが気になる
  • 3.5mmイヤホンジャックがない
  • 発売が遅くて既に他の機種にしてしまった
  • 第一世代の小さいサイズがよかった

 

 

iPhoneSE(第2世代)の開封レビュー

iPhoneSEの256GBホワイトモデルを実際に注文し、発売日の4月24日(金)9時すぎに自宅に届きましたので、さっそく開封レビュー!

AppleStoreからいつものダンボールで到着。

外箱です。

早速開封!

付属品は、電源アダプタ、Lightningケーブル、Lightning Connectorに接続するイヤホン(EarPods with Lightning Connector)です。この他にSIMカード取り出し用のピンが付いています。

ホワイトモデル。ガラスの背面がすごくかっこいいです!

この写真では伝わりきらないですが、ホワイトの色味が本当に真っ白でキレイ。

改めて、ホワイトモデルにしてよかったと思います。初期のiPhoneのデザイン・カラーを思いださっせてくれます。iPhoneってこうだったよなーって。

大きすぎず持ちやすいサイズ感。

本体下部のLightningコネクタと音声マイク。

本体右側は電源ボタンとSIMスロット。

本体上部。シングルカメラとフラシュライト。

本体左側はマナーモードスイッチと音量ボタン。

 

iPhone11よりも薄くて持ちやすいです。そして軽い!

カメラは、やや出っ張り。(これがなくなればカンペキですよね)

AirPods Pro(別売)と並べてみました。

 

いよいよ電源投入。

指紋認証の登録はホームボタンに触れてささっとですみます。

スタート!

4.7インチの画面。

試しにUQモバイルのSIMを挿入。格安SIMの代表といえばUQモバイル。

UQモバイルでは既にiPhoneSE(第2世代)の動作確認済で、SIMを挿すだけですぐに通信も通話もできました。

プロファイルのインストールなしでも、データ通信ができて、通話もできました。音声もクリアです。

 

平日の9:59分で、UQモバイルは下り40Mbpsも出ています。ストレスなく十分使えます。

さすがのUQモバイルならiPhoneSEを安心して使えます。

UQモバイル公式オンラインショップ

 

続いて楽天モバイル(Rakuten UN-LIMITED)のSIMを試しました。

楽天モバイルのSIMで使うときは、以下の設定をします。

  1. APN設定:設定>モバイル通信>モバイルデータ通信ネットワークから、モバイルデータ通信のAPNの欄に「rakuten.jp」と手入力
  2. テザリング設定:設定>モバイル通信>モバイルデータ通信ネットワークから、インターネット共有のAPNの欄に「rakuten.jp」と手入力
  3. 通話設定:設定>モバイル通信>通信のオプション>音声通話とデータから、「LTE,VoLTEオン」を選択

 

無事に楽天モバイルも電波5本でつながりました。

楽天モバイルのスピードテストでは、UQモバイルほどの速度ではないですが、下り28Mbpsも出ているので十分快適です。

これなら楽天モバイルでも十分iPhoneSEを使えそうです。

ただし、楽天モバイル側でiPhoneSEの正式対応をうたっているわけではなく、常に正常に動作する保証はありませんので、あくまで自己責任の範囲内での利用となります。

楽天回線エリアではないパートナー回線エリアではSMSが利用できないなどの、一部制限があるようです。

一枚目のSIMに音声通話つきの格安SIMを利用して、e-SIMにデータ通信専用で楽天モバイルUN-LIMITEDを利用するのが賢い使い方といえます。

楽天モバイル公式オンラインショップ

 

iPhoneSE(第2世代)とiPhone6sのサイズ比較画像

iPhoneSE(第2世代)とiPhone6sをサイズ比較しました。

どちらも4.7インチで、スペック上の寸法もほぼ同じですので、持ちやすさも重さも変わりません。

こうして並べると、iPhone6sのデザインは古く見え、iPhoneSEのデザインは背面のガラス処理がとてもキレイです。

前面の大きな違いは、iPhoneSEのディスプレイ周りが黒いデザインになったということです。

これは好みがあるかもしれませんが、これまでiPhone6sを使っていた人にとっては新鮮に感じられる部分でしょう。

 

iPhoneSE(第2世代)とiPhoneXSのサイズ比較画像

続いて、iPhoneSE(第2世代)とiPhoneXSのサイズ比較をしました。

4.7インチのiPhoneSEに対し、iPhoneXSは5.8インチですので明らかに一回り大きいです。重さも29g差があります。

背面デザインはどちらもガラスのデザインですので、高級感があります。iPhoneSEには「iPhone」というデザインがなく、アップルマークが中央に配置されています。

画面サイズがこんなにも違います。iPhoneSEは下部にホームボタンがあるので、下部を持った時に誤ってタッチパネルを押すことがありません。

 

iPhoneSE(第2世代)とiPhone11 Proのサイズ比較画像

次にiPhoneSE(第2世代)とiPhone11Proのサイズを比較しました。

4.7インチのiPhoneSE(第2世代)に対して、5.8インチのiPhone11 Pro。重量も40g違うので、iPhone11 Proの方がずっしりとしています。

背面はどちらもガラスを採用していますが、iPhone11 proはつやのない処理がされているのに対して、iPhoneSEは光沢感があります。その分指紋は目立ちますね。

画面の大きさは一目瞭然。ノッチがあるフルディスプレイのiPhone11 Proに対して、iPhoneSEはとてもコンパクト。小さいiPhoneが好みの人は間違いなくiPhoneSEが買いでしょう。

やはりコスパ最高です。

 

iPhoneSE(第2世代)のショートムービー

Apple公式ページでは紹介されていない、ショートムービーです。

iPhoneSEを開封するシーンバージョン。

iPhoneSEの画面保護シートを剥がすバージョン。

どちらのバージョンも、iPhoneSEのアピールポイントがシンプルに表現されています。

キーワードは”Lots to Love”、”Less to Send”

 

iPhoneSE(第2世代)の開封動画

iPhoneSE(第2世代)ホワイトモデルの海外製品の開封動画です。

iPhone11 Pro Maxとのサイズ比較や、ワイヤレス充電の様子、ゲーム動作、カメラ性能など一連のスペックがレビューされています。

 

iPhoneSE(第2世代)のバッテリー交換価格・修理費用

バッテリー交換価格

バッテリー交換価格iPhoneSE(第2世代)
AppleCare加入0円
AppleCare未加入5,400円

iPhoneSE(第2世代)のバッテリー交換費用は、AppleCare+未加入の場合5,400円となります。

これはiPhone8やiPhone7のバッテリー交換と同じ価格。iPhone11なら7,400円するのでそれよりも安価です。

画面修理費用

画面修理費用iPhoneSE(第2世代)
AppleCare加入3,400円
AppleCare未加入14,500円

iPhoneSE(第2世代)のバッテリー交換費用は、AppleCare+未加入の場合14,500円となります。

これはiPhone8の16,400円や、iPhone11の21,800円よりも断然安く、iPhone11 Pro Maxなら35,800円ですので、iPhoneSEのコスパの良さが際立ちます。

 

iPhoneSE(第2世代)に関するよくある質問

iPhoneSE(第2世代)に関して、よくある質問をQ&A形式でまとめました。

格安SIMでも問題なく動作しますか?

発売前のため検証はされていませんが、UQモバイルやIIJmioなど、主な格安SIMで問題なく動作する傾向にあります。各社による検証は発売後すぐに行われる予定です。

どのモデルが人気ですか?

PRODUCT RED(赤色)の128GBモデルが、AppleStoreでの発売日に最も早く初回出荷分が売り切れました。

どこで買うのが一番安いですか?

新規購入や、機種変更で一括購入する場合はAppleStoreが最も安い(64GBモデルで44,300円)です。他社にMNPする場合や24ヵ月目(または25ヶ月目)に機種を返却して同じキャリアで機種変更するプログラムを利用すれば3大キャリアが安くなります。

iPhone11との違いは何ですか?

画面サイズが4.7インチと小さく、メモリが3GB、シングルカメラとなります。耐水防塵はI67等級となり一段見劣りしますが、ホームボタンで指紋認証ができるのでマスクをしていてもロック解除可能です。

楽天モバイルのSIMでも正常に動作しますか?

一部ユーザーの情報で楽天モバイルのe-SIMにてUN-LIMITED回線でのデータ通信ができたという報告がありますが、楽天モバイルが正式サポートを表明しているわけではありません。電話アプリが使えないことや、電波が不安定などの機能制限を理解した上で使う必要があります。

 

iPhoneSE(第2世代)の予約方法・入手方法

iPhoneSE(第2世代)を発売日や発売からすぐに入手しておくためには、予約開始日にすぐに予約をしておく必要があります。

店頭に並んで入手することもできなくはないですが、発売からしばらくの間は待ち行列が不要なオンラインショップの方が快適でしょう。

オンラインショップなら人が密集することもありません。

安全で確実なのはやはりネットから予約購入する方法です。

iPhone9(iPhoneSE2)をネットから購入する方法は、下記の4種類となります。

iPhoneSE(第2世代)最速予約方法

docomo公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

au公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

ソフトバンク公式オンラインショップ (2020年4月20日(月)10:00~)

AppleStore (2020年4月17日(金)21:00~)

iPhoneSE(第2世代)に最適なおすすめの格安SIMベスト5

せっかく安く手に入るiPhoneSEを格安SIMで使えたらもっと節約になります。

ここでは、iPhoneSE(第2世代)の動作検証が済んでいる格安SIMの中から、特に評判が高くて安くておススメのベスト5をご紹介します。

1位:UQモバイル(ユーキューモバイル)
格安SIMの中では断トツで速度が速くて一日中安定。1台目は1,980円、2台目以降は1,480円と大手キャリアの半額以下。データ無制限の節約モードありで、違約金も0円と安心。口コミ◎
iPhoneSE 正式対応
料金の安さ3GB:1,480円(ずっと)~
速度◎(一日中快適)
データ無制限〇(節約モード:0円)
テザリング
契約の縛りなし
解約金0円
総合評価

公式ページ 

 

2位:Y!mobile(ワイモバイル)
ソフトバンクのサブブランドとして安定の速度。10分間無料通話が付いてくる。違約金も0円。時々通信障害があるソフトバンク回線であることと、データ無制限がない点がやや△。
iPhoneSE 正式対応
料金の安さ4GB:1,480円(最初の6ヵ月間)~
速度◎(一日中快適)
データ無制限×
テザリング
契約の縛りなし
解約金0円
総合評価

公式ページ

 

3位:IIJ mio(アイアイジェーミオ)
格安SIMの老舗として回線速度もそこそこ早くて安定。テザリングもOK。データ無制限がないことと、解約時に1,000円かかる点が難点。
iPhoneSE 正式対応
料金の安さ3GB:1,600円(ずっと)~
速度
データ無制限×
テザリング
契約の縛りなし
解約金1,000円
総合評価

公式ページ

 

4位:mineo(マイネオ)
関西エリアでは特にメジャーなmineoは料金が安くて最低限の利用ならおススメ。昼と夕方に速度低下が激しいので不満点も。
iPhoneSE 正式対応
料金の安さ500MB:1,310円(ずっと)~
速度△(昼と夕方に速度低下)
データ無制限〇(月額350円)
テザリング
契約の縛りなし
解約金0円
総合評価

公式ページ

https://twitter.com/sugodaze/status/1253274871133384706?s=20

 

5位:LINEモバイル(ラインモバイル)
LINEデータフリーが何よりも特徴のLINEモバイル。別途オプション料金で、SNSカウントフリーもあり。昼と夕方の速度低下が激しく、利用者からは厳しい口コミも多数。
iPhoneSE 正式対応
料金の安さ500MB:1,100円(ずっと)~
速度△(昼と夕方に速度低下)
データ無制限△(SNSカウントフリー:月額280円、480円)
テザリング
契約の縛りなし
解約金1,000円
総合評価

公式ページ