メリット

UQモバイルはiPhone全機種でテザリングに対応!無料&無制限で利用する方法

UQモバイルが2018年10月31日からiPhone全機種での無料テザリングに対応しました!!

ママむす
ママむす
UQモバイルってテザリングできるの?
パパむす
パパむす
できるよ!パパも使ってるし。

外出先でノートパソコンやタブレットをインターネットに繋ぎたいと思ったことはありませんか?

そのためにはポケットWifiを利用するのが一般的ですが、スマホ代とは別にポケットWifi代も毎月かかってしまうので負担が大きくて諦めている人は多いのではないでしょうか。

auやソフトバンクでもテザリングはできますがオプション料金の500円/月が必要だったり、ドコモの場合は料金プランに含まれていますがその料金プラン自体が高額です。

しかし、UQモバイルなら無料でテザリングが利用できますし、データ容量を気にせず無制限に使う方法もあります。

UQモバイルでテザリングを使えばポケットWifiを別に契約する必要がなくなるので、月々の通信料が安く済むのが最大のメリットです。

それでは、UQモバイルで実際にテザリングを利用した感想も含めて詳しくお伝えします。

UQモバイルがついにSIMのみの乗り換えでもキャッシュバックをスタート!「UQモバイル-NOW」が独自に調査した、他のキャンペーンと組み合わせて一番得する方法は(【毎月更新】UQモバイルの最速最高額キャッシュバック全解説!)をチェックしてみてください。

UQモバイルは無料でテザリング可能!

UQモバイルの利用者は誰でも無料でテザリングを利用することができます。

テザリングを利用するにあたっての申し込みは不要ですので、すぐに使い始めることができるのも嬉しいポイントです。

【テザリングとは?】

外出先でもパソコンやiPad、ゲーム機器などさまざまな機器を、スマートフォンの回線を経由してインターネットにつないで楽しめる機能のことです。

パパむす
パパむす
他の格安SIMだと別途テザリング利用料がかかることがあるよ。

 

無制限でテザリングを使おう

 節約モードで無制限に利用する

UQモバイルでは全ての料金プランで「節約モード」と呼ばれる、データ消費がゼロになるモードを使うことができます。

パソコンやタブレットからテザリングするときに、UQモバイルのSIMを挿したスマホ側を「節約モード」に切り替えて利用すれば、データ無制限でインターネット利用をすることができます。

「節約モード」への切替はとても簡単で、UQモバイルのポータルアプリからワンタッチで切り替えることができます。

「節約モード」時は通信速度が若干低速の最大300kbpsに制限されますが、LINEやSNS、WEBサイトの検索など画像が少なくて軽めの通信であれば問題なく利用できます。LINE通話もビデオ通話は難しいですが、音声通話のみであればデータを消費することなく何時間でも利用できます。

パパむす
パパむす
実はこの記事も外出先でテザリングしながらノートパソコンで書いています。

 

 データ無制限プランで利用する

UQモバイルの「データ無制限プラン」ならテザリング利用時に限らずデータ通信量を無制限に利用することができます。

データ無制限プランの通信速度は最大500kbpsとなり、「節約モード」の最大300kbpsに比べると1.5倍以上高速ですのでネット検索やLINEでのメッセージやLINE通話、SNS、動画視聴などの作業がより快適に利用できます。

データ無制限プランは1,980円/月、データ無制限+音声通話プランは2,680円で利用できテザリング料金も無料でお楽しみいただけます。

 

実際にテザリングを使ってみた感想

僕は自分のパソコンを外出先でインターネットにつなぎたいため、iPhoneでテザリングしてUQモバイルの格安SIMで使っています。

「高速モード」でテザリングをした場合

通常の「高速モード」で利用するときは非常に高速で、ネットの検索もYotubeの高画質動画の閲覧も全くストレスは感じません。

「高速モード」を利用したテザリングでどの程度スピードが出ているか、計測しました。

 

「高速モード」では測定開始から徐々にスピードが上がっていき、25Mbpsという結果が出ました。申し分ないスピードです。

実際にYahooのトップページもサクッと表示されますし、Youtubeの動画も1080pのHD高画質動画でも途中で止まることなくキレイに再生されるので問題ありません。

ただし、「高速モード」では使った分だけデータ容量が減っていきますので、使いすぎないように注意が必要です。

 

「節約モード」でテザリングをした場合

続いて「節約モード」でテザリングを使ってみました。

iPhone6sを「節約モード」に切り替えてノートパソコンからテザリングを行ったところ、これが意外とネット検索や動画閲覧でも使えることがわかりました。

「節約モード」を利用したテザリングでどの程度スピードが出ているか、計測しました。

 

この動画で注目していただきたいのが、最初に1.2Mbpsも速度が出て

1.2Mbps→910kbps→540kbps→370kbps→340kbps

と、徐々に公式速度の300kbpsに落ち着いていく点です。

「節約モード」は最大300kbpsと公式に設定されていますが、初速でそれ以上のスピードが出ているのは「バースト機能」が働いているためだと考えられます。

「バースト機能」のおかげで一時的に規定値以上のスピード発揮されるため、例えばYahooのトップページを開いたときはまず初めに全体のテキストが数秒で読み込まれます。その後10秒程度で画像や広告を含めたページ全体の読み込みが完了する動きを取ります。

このバースト機能により、WEB検索をするときにまず全体のテキストがサッと読みこまれるため、低速モードといえど何も表示されずに待たされてストレスを感じることが少なくてすみます。

また、Youtubeの動画であれば画質を360p以下(144p/240p/360p)に設定すれば、ほぼ止まることなく快適に見ることができています。

このように低速モードの部類になる「節約モード」であっても、画像や高画質の動画を多用しないページであればそこそこ快適に閲覧できているので、これを「データ無制限&無料」で使えるのは、UQモバイルにしかない大きなメリットだと感じました。

ママむす
ママむす
「節約モード」でもテザリングでこれだけスピード出てたら十分ね。
パパむす
パパむす
しかも無料で使える!!

また、スマホ利用時の「節約モード」がどれだけ実用に耐えられるかをさらに詳しく知りたい方は(UQモバイルを節約モードだけで1か月間生活して分かったメリットデメリット)もあわせてご覧ください。

 

テザリングの使い方は?

Androidの設定方法

  1. 設定アプリを開く
  2. データ通信・機内モード
  3. テザリング
  4. Wi-Fiテザリング・USBテザリング・Bluetoothデザリングのいずれかを選ぶ
  5. 「ネットワーク名」と「パスワード」を確認
  6. 接続したいパソコンやタブレット機器のWifiで⑤を入力

※利用するAndroid端末やOSのバージョンによって、上記の表示名や順番が異なる場合があります。

iPhoneの設定方法

  1. 設定アプリを開く
  2. インターネット共有
  3. インターネット共有をONにする
  4. “Wi-Fi”のパスワードを確認
  5. 接続したいパソコンやタブレット機器のWifiでiPhoneを選択して④を入力

※利用するOSのバージョンによって、上記の表示名や順番が異なる場合があります。

 

使えるテザリングの種類

スマホをテザリングしてパソコンと通信させる方法には、上記の3種類があります。

  • Wifiテザリング:一般的にイメージするポピュラーな方法。複数同時接続&高速通信。
  • Bluetothテザリング:設定が簡単。スマホの電池が消費しにくくてgood。
  • USBテザリング:USBケーブルでの優先接続で安定する。高速通信。

それぞれメリット・デメリット、があり例えばWifiテザリングであれば無線なのでケーブルが邪魔にならず、一度パソコンにつなげれば次回からパスワード入力不要ですぐにつながって便利なのですが、スマホ側の電池の減りが早いという欠点もあります。

逆にBluetothテザリングであれば無線かつスマホの電池が減りずらいというメリットがありますが、最高速度が2Mbpsまでというマイナスポイントもあります。

それぞれ試してみて、自分に合った使い方を見つけるようにしましょう。

パパむす
パパむす
パパは全部試して、結局「Wifiテザリング」がサクッと繋がって一番使いやすいよ。

 

iPhone&Androidのテザリング対応端末の確認方法

UQモバイルでテザリングをする場合、事前に自分のスマホがテザリングに対応しているかどうかを確認しておきましょう。

確認方法は、UQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧のページで最新状況をチェックするようにしてください。

ちなみにiPhoneについては、2018年10月31日からiPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRも含めた全てのiPhoneでテザリングに対応しました!!

もちろん月額無料でテザリングを利用できます。auやソフトバンクは月額500円かかるのでUQmobileの方がお得です。

テザリングの注意点

使いすぎると通信制限に注意

テザリングを使いすぎると、速度制限になる可能性があります。

テザリングを利用した分だけデータ通信量も発生しますので、便利だからといってテザリングをたびたび利用していると通信制限にかかる可能性があるのです。

ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(0~24時までを1日とし、当日を含む直近3日間の通信量)に6GB以上のご利用があったお客様の通信速度を制限させていただく場合があります。制限速度は混雑状況に応じて変動します。

公式サイトの上記の説明文にある通り、直近3日間で6GB以上のデータを利用した場合に速度制限がかかる場合があり、その場合は低速でのデータ通信となります。

この件についてUQモバイル公式サイトにチャットで問い合わせたところ、下記のコメントいただけました。

ネットワーク混雑回避のための制限ですので、混雑状況に応じてのみの規制となります。必ずかかるわけではなく、混雑状況に応じて変動し、速度の規定はございません。

つまり、直近3日間で6GB以上使ったからといって必ずしも速度制限が入るわけではなく、混雑状況次第ということになります。

ママむす
ママむす
実際に速度制限になることは稀みたいね。

また、節約モードやデータ無制限プランでも3日間で6GB以上使うと速度制限の対象になるのか聞いてみました。

全てのプラン・低速通信に対しても一律で設けている規定となりますが、低速通信時は元が低速ですので規制がかかったとしても、さほど体感自体は無いかと存じます。

速度制限につきましては、速度の規定はございません。

パパむす
パパむす
なるほど。節約モードやデータ無制限プランはそれ自体が低速モードだからそれほど体感に違いはないんだね。

よって、テザリングを使いすぎると速度制限が気になりますが、混雑状況次第でかかるものなので必ず制限されるわけでもなく、制限された場合もどの程度の速度まで下げるか決まっていないようですので、そこまで神経質になる必要はなさそうです。

 

スマホ側のバッテリーの消費に注意

実際にWifi接続でテザリングを利用して感じたのは、確かにiPhoneのバッテリーの消費が早かったです。

Wifiテザリング中はずっとWifiの電波を飛ばしっぱなしになるため、電池を食うのだと考えられます。

対策としてはモバイルバッテリーおよび電源コンセントを持ち運ぶことです。最近のスタバやカフェでは電源付の席が多くなってきているため、僕の場合は充電しながらテザリング利用することが多いです。

もう一つの対策方法としては、電池消費が少ないBluetoothテザリングを利用する方法もあります。実感として接続がやや不安定にはなりますが、外出先でバッテリーを長持ちさせたい場合はこの方法も是非試してみてください。

 

まとめ

今回実際に外出先でiPhone6sとノートパソコンを利用してテザリングを利用したことでの一番の発見は、やはりデータが無制限で使える「節約モード」でも1.2Mbpsもの初速が出て想像以上に快適に使えたという点です。

「節約モード」であればデータ消費ゼロ&無料でテザリングが利用できますので、UQモバイルのSIMを挿したスマホ一台で、ポケットWifiの機能と料金を賄うことができちゃいます。

格安SIMの中でもこれだけ快適に安くテザリングを利用できる条件が全て揃っているのはUQモバイルだけですので、テザリングも利用したいと考えている方は是非UQモバイルをご検討ください。

UQモバイルへの乗り換え方法でゲットできるキャッシュバック情は(【毎月更新】UQモバイルの最速最高額キャッシュバックキャンペーン全解説)にて詳しく説明していますので、こちらもあわせてご覧ください。