格安SIMの比較

楽天モバイルとUQモバイル全比較!新料金プランと口コミ対決

第四のキャリアとしてサービスを開始した楽天モバイルと格安SIM総合満足度No.1のUQモバイル。月々のスマホ代を安くしたい人や格安SIMへの乗り換えを検討している人にとって、この2つは必ずと言ってよいほど選択肢に入ります。

楽天モバイルであれば、「楽天ポイントが貯まりやすい」「日本全国データ使い放題」などの売りが目立ちますし、UQモバイルであれば「通信速度が一日中速くて快適」「auのサブブランドなので電波が強くで安心」、「データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題」といった他の格安SIMにはないメリットがあります。

しかし、実際の利用者の口コミを調べると、気づかないデメリットがあるのも事実。

安易に契約する前に、メリットだけでなく実体験に基づいたデメリットもしっかりチェックしましょう!!

楽天モバイルとUQモバイルの比較まとめ

楽天モバイルとUQモバイルについて、誰もが気になる点を比較しました。

UQモバイル楽天モバイル
回線の種類au回線自社回線、または
パートナー(au)回線
回線速度・安定感
一日中快適

メイン回線にするのはまだ不安要素も
料金プランスマホプランS:1,980円
スマホプランR:2,980円
Rakuten UN-LIMIT:2,980円
(300万人は1年間無料)
データ容量スマホプランS:3GB
スマホプランR:10GB
自社回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB
データ容量超過時の速度制限スマホプランS:300kbps
スマホプランR:1Mbps
自社回線エリア:1Mbps
パートナー回線エリア:1Mbps
余ったデータの繰越可能不可
iPhone利用動作確認済み
利用可能
全ての機能が使えない
(自己責任の範囲で利用可能)
格安スマホの種類約10種類約10種類
契約期間の縛り縛りなし縛りなし
契約解除料0円0円
サポート店舗、電話、メール、チャット店舗、電話、メール、チャット
キャンペーン家族割(月々▲500円)
学割
データ増量
ギガMAX月割
スマホ端末割引

現金キャッシュバック
対象製品ポイント還元
オンライン契約ポイント還元
事務手数料ポイント還元
紹介ポイント還元
パパむす
パパむす
2,980円の新料金プランでライバル対決だよ!
ママむす
ママむす
どっちも安いけど話題性を取るか安心感を取るかの違いだね。

楽天モバイルUQモバイルは新料金プランの登場により、どちらも2,980円で使えてとてもよく似ています。

回線速度もそれぞれ優秀で、手元の計測では、楽天モバイルの自社回線は今のところ30Mbps前後の速度がでており、UQモバイルは60Mbps前後と間違いなく快適な速度が出ています。

しかし、回線の安定感や回線障害の頻度の面ではまだまだ楽天モバイルは発展途上

300万人までは1年間無料といえど、いきなりメイン回線として楽天モバイル一本で使うのは時期尚早かもしれません。

ママむす
ママむす
楽天モバイル一本でいくのはまだちょっと不安かな。

一方、データ容量の面では、楽天モバイルは自社回線エリアではデータ無制限と、docomo、au、SoftBankと比べても後発とあってサービス精神旺盛です。

ただし、パートナー回線エリアでは5GBまでとなりますので、自分の行動範囲をよく確認する必要があります。

また、楽天回線のエリアマップでは楽天回線のエリアの色になっていても、実際はパートナー回線しか掴んでいないこともありますので、自宅で本当に楽天回線が問題なく入るかは試してみないとわかりません。

 

対して、UQモバイルのデータ容量は、スマホプランRでは2,980円で10GBを全てのエリアで使えるため大変話題です。私もさっそくスマホプランRに変更しました。

10GBのデータ容量を使い切っても、1Mbpsの速度で使えるのでSNSやYoutubeも十分みれます。

また余ったデータを翌月にくり越せるので、節約モードを利用してあえてデータを使わずに過ごしてデータを余らせるという方法も取れます。

パパむす
パパむす
料金が同じで10GBあれば十分なら回線が安定しているUQモバイルがいいよ!
ママむす
ママむす
楽天もポイントを貯めるの重視の人は多少我慢してでも楽天モバイル!

「楽天経済圏」と呼ばれるように、全てのお買い物を楽天カードでポイントを貯めていて、しかもダイヤモンド会員の人であれば、楽天モバイルの方が十分メリットがあります。

逆に、日々のスマホを快適に使えてコスパも求めるひとであれば、UQモバイルが断然おススメとなります。

 

楽天モバイルはiPhoneSE(第2世代)の一部の機能しか使えない

楽天モバイルをiPhoneで利用したい場合は、全ての機能は使えないため注意しましょう。

上の図は、iPhoneSE(第2世代)での対応状況です。

iPhoneSE(第2世代)の場合、データ通信や通話は可能ですが、110番、119番通話での高度な位置情報を掴むことができなかったり、パートナー回線でのSMS送受信ができまん。

また、楽天回線とパートナー回線を行ったり来たりしたときに自動的に接続回線が切り替わらないため、パートナー回線を一度掴んでしまうと、5GBのデータ容量ばかりいつのまにかどんどん消費されてしまうため、毎回楽天回線に接続しなおす手間がかかります。

また、海外と国内でのAPN自動設定も行われないため、海外渡航時に余計な料金がかかったり、上手くつながらなかったりする恐れがありそうです。

楽天モバイル公式オンラインショップをみる

 

実際の通信速度比較!楽天モバイルvsUQモバイル

楽天モバイルとUQモバイルの回線速度がどの程度なのか、実測値をお伝えします。

楽天モバイル(自社回線)の通信速度

https://twitter.com/m12pengin/status/1269221755672948736?s=20

 

楽天モバイルの自社回線での通信速度の測定結果をTwitterで検索すると、おおむね60~70Mbps出ているようです。

このくらいの速度が安定的にでてくれるのであればノーストレスですね。

ただし、スーパーなどの建物内では電波がなくなってしまうという報告もあり、室内や遮蔽物に弱い印象。

また、パートナーエリアから自社回線エリアに戻った時に、回線の切り替えがスムーズではなく、手動でいちいち設定を戻している人も。

通信速度に関しては、現在は利用者が少ないので混んでいませんが、今後キャンペーンの連発で利用者が増えてくると予想されますので、その時にどの程度混雑で遅くなるか不透明です。

楽天モバイル(パートナー回線)の通信速度

 

楽天モバイルのパートナー回線エリアでの速度は、3~30Mbpsと場所や時間によって開きがあるようです。

パートナー回線エリアは他社から借りている回線のためか、速度が安定しないようです。

回線を太くするためには費用もかさむため、大幅に改善する可能性は低そうです。

 

UQモバイルの通信速度

https://twitter.com/Honeycomb9/status/1268830081020882944?s=20

 

https://twitter.com/benkeikun/status/1267375368853282816?s=20

UQモバイルの通信速度は30~50Mbps出ている口コミが多く、十分快適に使える速さです。

私もUQモバイルを2年以上利用していますが、昼や夕方の混雑時間帯でもサクサク通信できるので、満足度が非常に高いです。

また他の口コミでは、6月から始まったスマホプランRで使える「節約モード」での通信速度が最大1Mbpsになったことで、非常に評判がよいです。

データは減らないし、この速度(最大1Mbps)でオンライン授業も受けられるという点も見逃せないポイントです。

このようにUQモバイルは大手キャリア(docomo/au/SoftBank)からの乗り換えでも変わらない通信速度で使えますので、非常に快適です。

パパむす
パパむす
UQモバイルなら一日中、通信速度が安定して速く快適!
ママむす
ママむす
スマホプランRは待ちに待った料金プランで評判がイイね。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルの最新の口コミを集めました。実際に利用しているユーザーの生々しい口コミ評判をお伝えします。

楽天モバイルの主な口コミをまとめました

  • 速度は速いが、ビル内や地下は電波が弱い
  • eSIMの設定は初心者には難しそう
  • 場所によってはドコモより電波の掴みがよい
  • 回線の品質に不安があるので、サブ回線での利用がベター
  • 楽天回線のエリアなのに電波が一切入らない
  • 楽天回線が圏外だと当然データ無制限では使えない
  • iPhoneの正式対応はまだ
  • iPhoneは楽天Linkの無料通話に対応していない
  • iPhone SEでの設定が上手くいかない

まとめると、楽天モバイルの口コミは特に通信速度は早くて満足。でも地下や建物の中では繋がらなかったり、楽天回線エリアの自宅なのに電波をつかまなかったりと、まだ不安定な面が目立ちます。

また肝心のiPhoneには正式対応しておらず、設定をいろいろと工夫すればiPhoneでも使えたという情報がネット上にはいくつかありますが、初心者にはまだまだ難しそうです。

楽天モバイルは、楽天市場でのポイントをたくさん貯めている人には魅力的ですが、スマホのメイン回線として利用するにはまだ不安な面が多いようです。

楽天モバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルの口コミ

続いてUQモバイルの実際の口コミの数々です。

https://twitter.com/okuzawayukichi/status/1267064441960411136?s=20

https://twitter.com/zizi36015838/status/1267061354793365505?s=20

UQモバイルの主な口コミをまとめました

  • スマホプランRの評判がイイ!データ消費せずにYoutubeが見れる
  • auから乗り換えても速度に違いはない
  • Y!mobile、楽天モバイルの友達は遅かった
  • UQモバイルに変えて1年経つが、不満はない
  • 大手キャリアからUQモバイルに変えて年に6万円くらい浮いた
  • docomoは通信障害が!UQは普通につながっている
  • SIMフリーのiPhoneでUQを使ってる。

UQモバイルの口コミを見ると、速度が速くて満足度が非常に高いことがわかります。

auやSoftBankなどの大手キャリア時代と変わらない快適さで、年間で6万円も節約できたという評判も目立ちます。

また節約モード(スマホプランR:最大1Mbps)でYoutubeが十分みれるという口コミも。

スマホプランS(1,980円/月)なら節約モード(300kbps)やギガを使い切って速度制限がかかっていても、LINEやTwitterの画像が見れる程度には使えているという書き込みもありました。

UQから他の格安SIMにしたけれど、速度に不満だからUQモバイルに戻りたいと投稿している人の意見が特に印象的ですね。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

楽天モバイルの料金プラン

パパむす
パパむす
楽天モバイルの料金プランは月々2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」1種類!
ママむす
ママむす
最初の300万人までは1年間無料なのがスゴイ。

楽天モバイル(MNO)の料金プランはRakuten UN-LIMITと呼ばれ、月々2,980円。

しかも300万人までは1年間無料ですので、月額料金が発生するのは2年目からとなります。

楽天モバイルの自社回線エリアなら高速のデータ通信が容量無制限で使い放題。

まだ楽天回線が行き届いてないエリアはパートナー回線を借りていてデータ容量が毎月5GBとなり、データを使い切ると最大1Mbpsの速度で使うことができます。

また海外66の国と地域で利用する場合は、データ容量2GB分が毎月無料となっていて、SMSの送受信も無料に含まれます。

海外で2GBを超過すると速度が128kbpsに制限されるので、かなり低速になります。また国際通話に関しては通話した分だけ料金がかかります。

ママむす
ママむす
楽天の自社回線さえ広ければ、データ無制限が魅力なんだよね。
パパむす
パパむす
自社回線エリアなのに掴んでいるのはパートナー回線だったりして、気づいたらデータ容量が減ってたということがあるよ(体験談)

通話はRakuten Linkアプリを使って電話すれば、国内通話かけ放題となっており、通常での電話アプリだと30秒/20円となります。専用の「Rakuten Linkアプリ」からかけないとこの無料通話の対象にならないため、知らないうちのiPhoneやAndroid端末の標準の通話アプリで電話していて、通話料金がたっぷりかかってしまうこともあります。

ママむす
ママむす
通話のたびにRakuten Linkアプリに切り替えるのがちょっと面倒なんだよね。

楽天モバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルの料金プラン

パパむす
パパむす
楽天モバイルと同じ料金のスマホプランRはデータが10GBも使えるよ!
ママむす
ママむす
家族2台目からはさらに月々500円安くなるんだね!

UQモバイルの料金プランは、プランS(3G)が月々1,980円、プランR(10G)が月々2,980円と、シンプルにできています。

しかも家族2台目以降は500円さらに割り引かれるため、プランSが月々1,480円、プランRが月々2,480円となります。

楽天モバイルに比べての最大のメリットは①スマホプランRは全国どこでも10GB使えること、②auのサブブランドなので通信と通話品質が安定していて速度も一日中快適であること、③余った基本データ容量を翌月に繰り越し可能であることです。

通話に関しては、10分間何度でもかけ放題の「かけ放題(700円/月)」と、60分の無料通話が毎月ついてくる「通話パック(500円/月)」、24時間いつでもかけ放題の「かけ放題 24時間いつでも(1,700円/月)」から選択でき、しかもオプションですので不要な人は付ける必要がありません。

ママむす
ママむす
不要なオプションはつけなければ安くすませれる!

さらに通話オプションに加入する人は「au ID」の登録(無料)をすることで、毎月のデータ容量が増量され、スマホプランSは3G→4GBに、スマホプランRは10GB→12GBとなります。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

楽天モバイルとUQモバイルを2年総額で料金比較

UQモバイル
(1台目)
UQモバイル
(家族2台目)
楽天モバイル
プランS47,520
3GB
35,520
3GB
35,760
楽天エリア(無制限)/パートナーエリア(5GB)
プランR71,520
10GB
59,520
10GB

楽天モバイルとUQモバイルの主要料金プランを2年総額(2年契約)で比較しました。

楽天モバイルの魅力はなんといっても1年間無料ですので、トータルでの料金が単純に半分ですみます。

楽天モバイルの自社回線の不安定さや不便さを許容できる場合や、2台目以降のサブ回線としてお試しで使う人であれば、かなり魅力的な料金設定といえます。

一方、UQモバイルは楽天モバイルと比べると高くみえますが、ドコモ、au、SoftBankと比べると十分安くなります。

家族2台目以降は月々の料金がさらに500円安くなるので、家族で乗り換える人が多い理由がうなづけます。

さらに、UQモバイルであれば10,000円が貰えるキャッシュバックキャンペーンを使えば、さらにお得にする方法があります。

 

楽天モバイルの特長・メリット・デメリットまとめ

ここまでお伝えしてきた、楽天モバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。

楽天モバイル
回線の種類自社回線またはパートナー回線
速度は速いが地下や建物内で弱い
回線速度比較的早くて快適
パートナーエリアの5GBを使い切ると最大1Mbps
料金プラン300万人まで1年間無料
パートナーエリアは5GBまで
通話国内通話かけ放題
無料となるのはRakuten Linkアプリ利用時のみ
iPhone利用一部制限あり
SMSの送受信などができない
格安スマホの種類ふつう
約10種類
契約期間の縛り縛り無し
サポート店舗、電話、メール、チャット
サポートセンターとチャットで対応が異なるという口コミも
パパむす
パパむす
楽天モバイルはなんといっても楽天ポイントをガンガン貯めたい人向けだよ!
ママむす
ママむす
Amazonをよく使う人はメリットないんだね・・

楽天モバイルの最大のメリットは、楽天モバイル公式サイトから申し込んだ場合に楽天ポイントが付与されるキャンペーンを活用することで、楽天ポイントが効率よく貯まることです。

従って、普段からネットショッピングを楽天一択でしている人にドンピシャでしょう。

逆にAmazonやヨーカードー、イオンなどの複数のネットショッピングを使い分けれている人であれば、楽天モバイルにそこまでこだわる必要はありません。

楽天モバイルの通話は「Rakuten Link」という専用アプリからかけないとかけ放題の対象にならないため、使い慣れていない人は通話代金がかさむ傾向にあります。

また建物内や地下では電波が届かないこともまだまだあるため、これまで使えてたはずの場所で使えなくなったということが起こりかねません。

したがって、メイン回線ではなくあくまでサブ回線として、お金に余裕のある人がお試しで使うことに向いています。

楽天モバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ

UQモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。

UQモバイル
回線の種類au回線
回線速度
一日中快適
料金プラン楽天モバイルとほぼ同じだがデータ容量が多いのでお得
通話国内通話かけ放題(24時間いつでも)
10分間かけ放題(かけ放題)
最大60分/月の国内通話定額(通話パック)
iPhone利用利用可能
一部SIMロック解除必要
格安スマホの種類普通
約10種類
契約期間の縛り縛りなし
解約金0円
サポート店舗、電話、メール、チャット
パパむす
パパむす
大手キャリア時代と変わらない使い勝手なのに安くなるのがなによりも魅力だよ!
ママむす
ママむす
通信速度No.1だし、au回線で室内や地下でも強い!

UQモバイルの最大のメリットは、docomoやauなどの大手キャリアと通話や通信品質がほぼ変わらないのに、月々の料金がグンと安くなる点です。

通常、他の格安SIMであれば安くなるだけのデメリットがありますが、UQモバイルにはそれがありません。

逆にUQモバイルのデメリットとしては、格安SIMの中で最安ではないという点です。

したがって、何が何でも最安料金の格安SIMを選びたいという人には向きません。

しかし、大手キャリア時代よりも半分から3分の1程度安くなって、通話も回線速度も妥協したくない人には最もバランスが取れた選択肢となります。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

楽天モバイルに向いている人と選び方まとめ

楽天モバイルに向いている人
  • 楽天市場、楽天カードのヘビーユーザーでとにかく楽天ポイントを貯めたい人
  • スマホマニアでお試しで試したい人
  • メイン回線ではなく、サブ回線としてデータ無制限で使いたい人(e-SIM、テザリング利用)

楽天モバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。

楽天経済圏と呼ばれる、あらゆる買い物を楽天縛りにして楽天ポイントをガンガン貯めたい人にはピッタリです。

しかし、スマホ自体の品質や機能を犠牲にしたくない人であれば、契約後に後悔する可能性がありますのでご注意ください。

上手な使い方としては、サブ端末としてテザリング利用でポケットWifi替わりに使うのであればとてもコスパが良いです。

また、デュアルSIMができるスマホで、e-SIMを使って2枚目のSIMとして登録し、データ通信を楽天モバイルのSIMで使いたい人にもピッタリです。

e-SIMで2枚目のSIMとして使う場合はやや設定が複雑で、全ての使いたい機能が動く保証はないので、あくまで自己責任の範囲で使いましょう。

同様にiPhoneで使う場合は全ての機能に対応していないため、不便を承知の上で使いましょう。

楽天モバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルに向いている人と選び方まとめ

UQモバイルに向いている人
  • 大手キャリア時代から通話、通信の品質や使い勝手を落としたくない人
  • 今使っているiPhoneをそのまま使いたい人
  • 格安SIMの中で最安の選択肢出なくても構わない人

UQモバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。

格安SIMにありがちな、一番スマホをよく使う昼休みや、夕方帰宅時、夜間にスピードが遅くてネットが見れないというストレスが全くなく、一日中快適に使うことができます

それなのに、大手キャリア時代と比べて半分から3分の1くらいに料金が安くなるので、人気な理由がわかります。

格安SIMの中で最安というわけではありませんが、コスパで選びたい人には最高の選択肢となるのがUQモバイルなのです。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルでは、事務手数料ポイント還元や対象製品+プランセット購入などの楽天ポイントが貯まるキャンペーンが期間限定で開催されています。

しかし、現金キャッシュバックを受け取れるキャンペーンはありませんのでご注意ください。

UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルでは、スマホの大幅割引キャンペーンだけでなく、SIMだけの契約で適用される10,000円の現金キャッシュバックキャンペーンがあります。

UQモバイル店舗ではこのキャッシュバックキャンペーンは受け取れませんので、ネットからの申し込みが断然お得にできています。

UQモバイルの最新キャッシュバックキャンペーンの使い方をお見逃しなく!!

UQモバイル公式オンラインショップをみる