UQモバイル×格安スマホ

UQモバイルとワイモバイルを新料金プランで比較!口コミ・デメリットも

格安SIMを選ぶときに必ず選択肢に入ってくるのがUQモバイルワイモバイル(Y!mobile)です。

どちらもCMを頻繁にやっていて、学割などのキャンペーンも充実。そして何よりも通信速度が一日中速くて安定しているので、乗り換えたあとの満足度が高いという共通点があります。

ではどっちを選ぶのが正解か?

ワイモバイルであれば、「1回10分以内の国内通話無料がコミコミ」「全国に店舗数がが4,000店以上」などの売りが目立ちますし、UQモバイルであれば「通話オプションが不要な人はさらに安くすませられる」「節約モードでデータ使い放題」といった他にはないメリットがあります。

特にUQモバイルは2020年6月1日からの新料金プラン「スマホプランR」を選べば、月々2,980円で10GBもデータが使えて、さらにデータを使い切っても1Mbpsの通信速度で使えるので、画像の多いSNSや動画視聴もほぼ無制限に快適に使えるといっても過言ではありません。

まさに「通話重視のワイモバイル」 vs 「SNSと動画が使い放題のUQモバイル」といった構図になります。

パパむす
パパむす
通話重視ならワイモバイルだね。
ママむす
ママむす
ネットや動画・SNSをたくさん見るならUQモバイルの方が最適なんだね!

どちらも大手キャリアに比べて毎月のスマホ代が安くなること間違いなしですが、実際の利用者の口コミを調べると、気づかないデメリットがあるのも事実。

そこで、UQモバイルとワイモバイルで迷ってい人に向けて、それぞれのメリット・デメリット、料金比較、口コミでの評判を余すところなくお伝えいたします。

安易に契約する前に、メリットだけでなく実体験に基づいたデメリットもしっかりチェックしましょう!!

UQモバイル公式オンラインショップ

ワイモバイル公式オンラインショップ

UQモバイルとワイモバイルの比較まとめ

UQモバイルとワイモバイルについて、誰もが気になる点を比較しました。

UQモバイルワイモバイル
回線の種類au回線SoftBank回線
回線速度
一日中快適

一日中快適
データ容量超過時の通信速度制限最大1Mbps
(スマホプランR)
最大128Kbps
(スマホベーシックプラン)
料金プラン
(1台目)
3GB:1,980円
10GB:2,980円
※ずっと変わらない料金
3GB:2,680円(※1,980円)
9GB:3,680円(※2,980円)
14GB:4,680円(※3,980円)
※最初の6ヵ月間は700円引き
料金プラン
(家族2台目以降)
3GB:1,480円
10GB:2,480円
※ずっと変わらない料金
3GB:2,180円(※1,480円)
9GB:3,180円(※2,480円)
14GB:4,180円(※3,480円)
※最初の6ヵ月間は700円引き
通話かけ放題毎月60分間無料:+500円/月
毎回10分かけ放題:+700円/月
24時間かけ放題:+1,700円/月
毎回10分かけ放題:無料
※基本プランに込
余ったデータの繰り越し翌月へ繰り越し繰り越しできない
iPhone利用利用可能
一部SIMロック解除必要
利用可能
一部SIMロック解除必要
格安スマホの種類ふつう
約10種類
ふつう
約15種類
契約期間の縛り最低利用期間:なし
解約事務手数料:0円
最低利用期間:なし
解約事務手数料:0円
サポート店舗、電話、メール、チャット店舗、電話、メール、チャット
キャンペーン家族割(月々▲500円)
学割
データ増量
ギガMAX月割
スマホ端末割引
現金キャッシュバック
家族割(月々▲500円)
学割
データ増量
スマホ端末割引
PayPayモール割引
PayPayボーナス
おうち電気初月0円
ママむす
ママむす
どっちも速度が一日中快適で解約も無料なんだね。
パパむす
パパむす
UQはデータ容量を使い切った時の速度が1Mbpsもあるからほぼ無敵だね。

UQモバイルとワイモバイルを比べると、3GBプランの場合はそれぞれ1,980円、10GB(ワイモバイルは9GB)プランの場合はそれぞれ2,980円と同等ですが、ワイモバイルが安いのは最初の6ヵ月間だけで、7ヵ月目以降は700円アップします。

料金プランUQモバイルワイモバイル
3GB1,980円1,980円
(7ヵ月目以降は700円アップ)
9GB2,980円
(7ヵ月目以降は700円アップ)
10GB2,980円
14GB3,980円
(7ヵ月目以降は700円アップ)

 

回線速度の速さはどちらも定評があり、一日中快適。

通常、格安SIMは昼の12時台や、夕方18時台、夜の時間など、混雑する時間帯は通信速度が遅くなって使い物にならないことがあるのですが、UQモバイルとワイモバイルはそれぞれau、SoftBankのサブブランドとあって通信速度が安定しています。

しかし、データ容量を使い切ったときの速度制限に大きなさがあり、UQモバイルは最大1Mbps(スマホプランR)も出ますが、ワイモバイルは最大128kbsしか出ないためWEBやSNSがほぼ読み込めないでしょう。

パパむす
パパむす
UQモバイルのスマホプランRは衝撃的なほど安くて快適なプランだよ!
ママむす
ママむす
デメリットがほぼ見当たらないね。

従って、通話を毎日たくさんするひとであれば、基本の料金プランに10分かけ放題が自動的に含まれているワイモバイルがおススメ。

通話はほとんどしないので、とにかく安くすませたい人や、データ容量を気にせず快適に使いたい人はUQモバイルが断然おススメです。

UQモバイル公式オンラインショップ

ワイモバイル公式オンラインショップ

 

実際の通信速度比較!UQモバイルvsワイモバイル

UQモバイルとワイモバイルの回線速度がどの程度の速さなのか、実測値をお伝えします。

今回は、格安SIMの通信速度計測を行っている keisoku.io さんのサイトから、実際の測定結果を引用させていただきました。

このサイトは1時間ごとに格安SIMの通信速度計測を行ている大変便利なサイトですので、気になる方はぜひ下記のリンクから日にちを指定して測定結果を調べてみてください。

(引用元:https://keisoku.io/mobile/

ワイモバイルの通信速度


2020年5月30日(土)のワイモバイルの通信速度の測定結果です。

夜が6.3Mbpsと若干落ちますが、ほぼ一日中快適に使えることがわかります。

他の格安SIMのように、1Mbps未満になるということがありません。

 

UQモバイルの通信速度


2020年5月30日(土)のUQモバイルの測定結果です。

一日中10Mbps以上の速度が安定して出ており、混雑するはずの昼の時間帯でも12.2Mbpsとかなりの速度が出ています。

大手キャリア(docomo/au/SoftBank)からの乗り換えでも変わらない通信速度で使えますので、非常に快適です。

 

パパむす
パパむす
UQモバイルなら一日中、通信速度が安定して速く快適!
ママむす
ママむす
速度の不満はほとんど聞かないからね。

 

ワイモバイルの口コミ

ワイモバイルの最新の口コミを集めました。実際に利用しているユーザーの生々しい口コミ評判をお伝えします。

https://twitter.com/zero169088872/status/1266695653763149824?s=20

https://twitter.com/isa54029521/status/1265044326259687424?s=20

まとめると、ワイモバイルはソフトバンクから乗り換える人が多く、通信速度も快適でソフトバンクよりも安くなる!

ただし、データが翌月にくり越しできないので、余ると損する。

さらにデータを使い切って速度制限がかかると超低速になるようです。

あとは、UQモバイルの新プラン(スマホプランR)が良すぎて、UQモバイルに乗り換えたいという意見も。

 

UQモバイルの口コミ

続いてUQモバイルの実際の口コミの数々です。

https://twitter.com/akechimaru/status/1254944463199195137?s=20

https://twitter.com/zukki_maasa_/status/1266886046777610241?s=20

 

UQモバイルの口コミを見ると、その安さと速度が速くて満足度が非常に高いことがわかります。

docomo、au、SoftBankにはもう戻れないという意見や、大手キャリア時代と変わらない快適さで、料金を半分以下に節約できたという評判も目立ちます。

また、契約の縛りもなくいつでも違約金なしで解約できる点もポイント。

また最近では、iPhoneSEのメイン回線をUQモバイルにして、サブ回線としてe-SIM利用で楽天モバイルと、両方契約して使う人もでてきています。

さらに、2020年6月1日から新登場のスマホプランRの評判が良すぎです!

2,980円で10GBも使えて、データを使い切っても通信速度が1Mbpsも出るので、もやは敵なし状態の料金プラン。

ママむす
ママむす
さっそく私も新プランに変更しました!

 

UQモバイル公式オンラインショップ

ワイモバイル公式オンラインショップ

 

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルのスマホベーシックプランはS/M/Lの3種類があります。

それぞれ、プランS(3GB)が月々2,680円、プランM(9GB)が月々3,680円、プランR(14GB)が月々4,680円で、新規割が適用されて最初の6ヵ月間は700円引きとなります。

さらに家族割またはおうち割光セット(A)の対象者は月々500円引きとなります。

おうち光割セットは、家庭のインターネット光回線をSoftBank光で別途契約すれば適用される割引で、もちろん光回線の月額が別途かかります。

また、家族割とおうち割光セット(A)は併用できませんので、どちらかを適用して最大500円引きとなります。

通話かけ放題はオプションではなく、基本プランに含まれていて1回10分間の通話がかけ放題となっています。

パパむす
パパむす
かけ放題が込で安くしたい人におススメだね!
ママむす
ママむす
7ヵ月目以降は高くなる料金プランって複雑でちょっと・・・

ワイモバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルの料金プラン

パパむす
パパむす
UQモバイルの料金プランはワイモバイルよりもネットやSNS・動画利用に向いてるよ!
ママむす
ママむす
新しくできたスマホプランRが超おススメなんだよね!

UQモバイルの料金プランは、プランS(3GB)が月々1,980円、プランR(10GB)が月々2,980円と、シンプルな料金プランです。

途中で割引が終わって高くなることもないので、安心ですね。

しかも家族2台目以降は500円さらに割り引かれるため、プランS(3GB)が月々1,480円、プランR(10GB)が月々2,480円となります。

UQモバイルに比べての最大のメリットは①プランRで節約モードを使えば、最大1Mbpsデータが無制限に利用できること、②データを使いきった速度制限時でも最大1Mbpsの速さで使えること、③余った基本データ容量は翌月に繰り越し可能という点です。

データを使い切った場合でも最大1Mbpsの速度が出るならば、サイト閲覧や地図アプリ、LINEやTwitterなどのSNSがほとんど問題なく使えますし、スマホの標準画質でYoutubeを見るのもストレスを感じません。

通話に関しては、10分間何度でもかけ放題の「かけ放題(700円/月)」と、60分の無料通話が毎月ついてくる「通話パック(500円/月)」、さらに国内通話24時間いつでもかけ放題「かけ放題(1,700円/月)」から選択でき、しかもオプションですので不要な人は付ける必要がありません。

UQモバイル公式オンラインショップをみる

 

UQモバイルとワイモバイルを2年総額で料金比較

料金プラン
<家族1代目の場合>
UQモバイル
(スマホプラン)
ワイモバイル
(スマホベーシックプラン)
3GB47,520円60,120円
9GB84,120円
10GB71,520円
14GB108,120円

上の表は、UQモバイルのスマホプランと、ワイモバイルのスマホベーシップランを、2年間総額で比較したものです。

3GBで使う場合は、UQモバイルの方が13,000円ほど安く、9GB(10GB)で比較するとUQモバイルの方が13,000円ほど安い上にデータが1GB多く、さらにデータ容量を使い切ったあとでも1Mbpsの速度が出るので断然お得です。

 

家族2台目以降の場合は、UQモバイルとワイモバイルともに月額料金が500円安くなるため、2台目以降の比較は以下の表となります。

料金プラン
<家族2代目の場合>
UQモバイル
(スマホプラン)
LINEモバイル
(音声通話SIM+SNSデータフリーオプション付き)
3GB35,520円48,120円
9GB72,120円
10GB59,520円
14GB96,120円

このように、3GBおよび9GB(10GB)どちらの場合で比較しても、UQモバイルの方が2年間で約13,000円程度安くなることがわかります。

 

ワイモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ

ここまでお伝えしてきた、ワイモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。

ワイモバイル
回線の種類SoftBank回線
ソフトバンクから乗り換えの人が選びがち
回線速度快適だがギガを使い切ると128kbpsに速度制限
速度制限になるとネットもSNSもストレス
料金プラン14GBの大容量が選べる
UQより高い
通話10分間かけ放題コミコミ
通話が不要な人には割高
iPhone利用利用可能
一部SIMロック解除必要
格安スマホの種類ふつう
約15種類
契約期間の縛り縛り無し
契約解除が無料
サポート店舗、電話、メール、チャット
パパむす
パパむす
ワイモバイルはは10分かけ放題がコミコミだよ!
ママむす
ママむす
かけ放題が必須の人に向いているんだね。

ワイモバイルの最大のメリットは、1回10分かけ放題がコミコミなこと。

従って、通話もたくさんする人にはおススメです。

ただし、その分UQモバイルよりも割高で、かけ放題を外したくてもオプションのように外すことはできません。

 

UQモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ

UQモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。

UQモバイル
回線の種類au回線
回線速度
一日中快適
料金プランスマホプランRなら2,980円で10GBも使える!
データ使い切っても1Mbpsの快適速度
通話通話パック60分/月(500円)
10分かけ放題(700円)
24時間かけ放題(1,700円)
iPhone利用利用可能
一部SIMロック解除必要
格安スマホの種類普通
約10種類
契約期間の縛り縛りなし
契約解除が無料
サポート店舗、電話、メール、チャット
パパむす
パパむす
新登場のスマホプランが口コミで最強と言われているよ!
ママむす
ママむす
安くて快適でデメリットがほぼ見当たらない画期的なプランになったんだよね!

UQモバイルの最大のメリットは、docomoやauなどの大手キャリアと通話や通信品質がほぼ変わらないのに、月々の料金がグンと安くなる点です。

通常、他の格安SIMであれば安くなるだけのデメリットがありますが、UQモバイルにはそれがありません。

逆にUQモバイルのデメリットとしては、格安SIMの中で最安ではないという点です。

したがって、何が何でも最安料金の格安SIMを選びたいという人には向きません。

しかし、大手キャリア時代よりも半分から3分の1程度安くなって、通話も回線速度も妥協したくない人には最もバランスが取れた選択肢となります。

さらに新登場のスマホプランRなら月々2,980円で10GBもデータが使える上に、データを使い切っても1Mbpsの速度で快適。

余ったデータを翌月にくり越しできるし、家族2台目以降はさらに500円引きで使えるので、家族そろって大幅に節約できます。

 

ワイモバイルに向いている人と選び方まとめ

ワイモバイルに向いている人
  • ソフトバンクからの乗り換えでソフトバンク回線に不満がない人
  • 一日中快適な速度で使いたい人
  • 通話重視の人(10分かけ放題がコミコミ)

ワイモバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。

ソフトバンク回線をこれまで使っていて特に不満がない人は、ワイモバイルを選択すれば月々の料金を安くできます。

ワイモバイルとUQモバイルで迷っていて、特にかけ放題がコミコミ重視の人に向いています。

ワイモバイル公式オンラインショップ

UQモバイルに向いている人と選び方まとめ

UQモバイルに向いている人
  • 大手キャリア時代から通話、通信の品質や使い勝手を落としたくない人
  • 今使っているiPhoneをそのまま使いたい人
  • 毎月10GBをたったの2,980円で。使い切っても1Mbpsの速度で快適に使いたい人。

UQモバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。

格安SIMにありがちな、一番スマホをよく使う昼休みや、夕方帰宅時、夜間にスピードが遅くてネットが見れないというストレスが全くなく、一日中快適に使うことができます

しかも、スマホプランRならデータを使い切っても1Mbpsの速度で使えるので、ほぼ無制限で快適な速度で使えることになります。

それなのに、大手キャリア時代と比べて半分から3分の1くらいに料金が安くなるので、人気な理由がわかります。

格安SIMの中で最安というわけではありませんが、コスパで選びたい人には最高の選択肢となるのがUQモバイルなのです。

UQモバイル公式オンラインショップ

 

UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルでは、スマホが最大18,000円引きで買える端末割引だけでなく、SIMだけの契約でも適用される10,000円のキャッシュバックキャンペーンがあります。

UQモバイル店舗ではこのキャッシュバックキャンペーンは受け取れませんので、ネットからの申し込みが断然お得にできています。

詳細はUQモバイルの最新キャッシュバックキャンペーンの使い方にて詳しく解説しています!!