キャンペーン

UQモバイル家族割の申込でよくある間違いとメリットデメリット

ママむす
ママむす
UQモバイルの申込画面に家族割の選択ボタンが出てこないんだけど・・
パパむす
パパむす
家族割は後から電話して申し込むんだよ!

UQモバイルなら家族割を適用することで、2回線目以降の料金が毎月500円引きとなり、しかも解約するまでずっと割引が続きます!

でも意外とわかりにくいのが、家族割の申込み方法。

実はネットからUQモバイルを契約時する人は、契約時に申し込めるのではなく、後から電話で申し込むことができるのです。

ママむす
ママむす
家族割って電話申込みだったんだ!
パパむす
パパむす
UQお客さまセンターに電話するだけだよ!
UQお客様センター電話番号

新規の方:0120-959-001

契約中の方:0120-929-818

携帯電話・PHS可 受付時間9:00~21:00 (年中無休)

UQモバイルの家族割は適用条件さえ満たせば、簡単に登録できるお得な割引です。

この記事では、家族割の申込方法や対象となる料金プラン、適用条件、メリットとデメリットを簡潔にお伝えいたします。

さらに新規とMNPの申込を限定キャッシュバック付きで申込む方法もご用意いたしましたので、家族の回線をUQで新しく申し込む場合にも使えるキャッシュバックキャンペーンをぜひ活用してください!

目次

UQモバイル家族割の詳細内容

UQモバイルの家族割は、家族2台目以降の料金が毎月500円引きとなる大変お得なキャンペーンです。

対象の料金プランで契約すれば簡単に家族割を適用でき、解約するまでずっと500円引きが適用されます。

家族3人や家族4人で大手キャリアからUQモバイルに乗り換えた場合に、いくらぐらい節約できるか、シミュレーションをお伝えいたします。

 

家族割の特典は毎月500円値引き

ママむす
ママむす
毎月500円も安くなると月々の料金はいくらになるの?
パパむす
パパむす
プランSなら月々1,480円~利用できるよ!

UQモバイルの家族割は毎月500円も割り引かれて大変おトクです。

UQモバイルを家族割で一番安く利用する方法は、おしゃべりプランS、ぴったりプランSとなり月々1,480円~で利用することができます。

親回線を1回線目とすると、割引は子回線となる家族2回線目以降から適用され、最大で9回線まで子回線として割引対象となります。

親回線の1回線目は500円引きにはなりませんので、あくまで2回線目以降から割引となる点にご注意ください。

 

家族割の対象となる料金プラン

パパむす
パパむす
家族割は対象プランが決まっているよ。
ママむす
ママむす
対象プラン以外を選ぶと500円引きにならないんだね。

家族割の対象となる料金プランはおしゃべりプランS/M/LとぴったりプランS/M/Lとなります。

それ以外のデータ高速プラン、データ高速+音声通話プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プランを選択した場合は家族割が適用できません。

また、親回線は500円割引の対象にはなりませんが、親回線もおしゃべりプランまたはぴったりプランである必要がありますのでご注意ください。

 

ドコモの料金プランとUQモバイルの家族割を比較

パパむす
パパむす
ドコモからの乗り換えで月々16,580円も安くなるよ!
ママむす
ママむす
家族が多いほどお得さもアップするんだね!

上の図はドコモの「カケホーダイライトプラン(スマホ)+SPモード+データSパック(2GB)またはデータMパック(5GB)」に新規加入したケースでの料金比較です。

ドコモの場合は家族4人で月々25,000円かかっていたのが、UQモバイルなら家族割を適用して月々8,420円と、1万円を切ることができます。

家族3人の場合では、月々12,060円安くなり、月々5,940円でUQモバイルが3回線使えるので驚くほど安いですね。

さらに、ドコモの新料金プラン「ギガホ、ギガライト」と比較しました。

ドコモUQモバイル差額
ギガホ家族4人19,920円8,420円11,500円
家族3人14,940円5,940円9,000円
ギガライト家族4人(3GB×2人+7GB×2人)15,920円8,420円7,500円
家族3人(3GB×2人+7GB×1人)10,940円5,940円5,000円

家族4人がドコモのギガホ(30GB)を利用した場合、月々の料金は19,920円ですが、UQモバイルなら8,420円ですので、毎月11,500円もの節約になります。2年間だと276,000円も節約できる計算になります。

同様に、家族3人なら月々9,000円の節約、2年間で216,000円の節約になります。

UQモバイルは上記料金に5分間かけ放題(おしゃべりプラン)が無料で入ってますが、ドコモは別料金です。上記金額に5分間かけ放題は月々+700円、24時間かけ放題は月々+1,700円必要となりますのでさらに高くなります。

このように、家族が多いほど、UQモバイルへの乗り換えで節約できる金額がどんどん大きくなり、家族旅行代金が丸々まかなえてしまうことになりますね。

 

auの料金プランとUQモバイルの家族割を比較

パパむす
パパむす
auからの乗り換えで月々15,500円も安くなるよ!
ママむす
ママむす
どの料金プランでもUQモバイルの方が安いんだね!
auUQモバイル差額
auデータMAXプラン(無制限)家族4人23,920円8,420円15,500円
家族3人17,940円5,940円12,000円
auフラットプラン7プラス(7GB)家族4人13,920円8,420円5,500円
家族3人10,440円5,940円4,500円
新auピタットプラン家族4人(3GB×2人+7GB×2人)14,920円8,420円6,500円
家族3人(3GB×2人+7GB×1人)10,440円5,940円4,500円

家族4人がauの「auデータMAXプラン(データ容量無制限)」を利用した場合、月々の料金は23,920円ですが、UQモバイルなら8,420円ですので、毎月15,500円もの節約になります。2年間だと372,000円も節約できる計算になります。

同様に、家族3人なら月々12,000円の節約、2年間で288,000円の節約になります。

auの料金プランで最も安い「新auピタットプラン」の場合、家族4人で月々の料金は14,920円となり、UQモバイルよりも月々6,500円高いです。同様に家族3人なら月々10,440円となりますが、UQモバイルよりも月々4,500円高くなります。

しかも、上記auの料金は全て「auスマートバリュー」適用時の金額ですので、auスマートバリューを適用されない方は月々1,000円高くなり、よりUQとの差がひらいて

UQモバイルは上記料金に5分間かけ放題(おしゃべりプラン)が無料で入ってますが、auは別料金です。上記金額に5分間かけ放題は月々+700円、24時間かけ放題は月々+1,700円必要となりますのでさらに高くなります。

このように、auの新料金プランが「4割安くなった」とはいえ、格安SIMのUQモバイルよりもまだまだ高くつき、2年間だと20万円~30万円も割高になることが判明しました。

 

家族割の適用条件

パパむす
パパむす
家族であることを証明するだけだよ!
ママむす
ママむす
どの料金プランでもUQモバイルの方が安いんだね!
家族割の適用条件
  1. 同一姓・同一住所の家族であること(相違がある場合は証明書の提出でOK)
  2. 親回線、子回線共に、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lの個人名義であること(法人はNG)

家族割が適用となる条件は、上記の2つです。

同一性・同一住所の家族であることが基本とはなりますが、絶対条件ではありません。

苗字が違う家族や、住所が違う家族でも家族であることを証明する書類の提出をすれば家族割を適用することができます。

姓や住所が異なる場合の家族証明書類

証明書類の例:「健康保険証」「住民票(続柄記載があるもの/事実婚は「未届」記載)」「戸籍謄本(続柄記載があるもの)」

 

家族割の申し込み方法

パパむす
パパむす
店舗または電話で申し込めるんだよ。
ママむす
ママむす
書類の準備が不要なのが電話で楽なんだね!

UQモバイルの家族割は店舗で直接申し込むこともできますが、UQお客様センターへ電話する方が行く手間もはぶけて、本人確認書類を持ち込む必要もないので圧倒的に楽です。

また、店舗ですと親回線、子回線全員が来店する必要があります。

全国のUQスポット、UQ mobile取扱店で申し込む場合

下記必要書類を持参の上、親回線、子回線それぞれの契約者本人来店が必要。
【同一姓・同一住所の場合】

  • 親回線および追加される子回線の契約者のそれぞれの本人確認書類

【苗字・住所に相違がある場合】

  • 親回線および追加される子回線の契約者のそれぞれの本人確認書類
  • 家族であることがわかる書類(発行から3ヶ月以内のものに限る)

<家族を証明する書類>
戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など。

 

UQお客さまセンター(電話)で申し込む場合

【同一姓・同一住所の場合】
下記情報を確認の上、親回線の契約者ご本人様からUQお客様センターに電話。

  • 親回線の契約者のご本人確認情報
  • 追加される子回線のご契約者それぞれの氏名、電話番号および住所

【苗字・住所に相違がある場合】

  • 家族である証明書の提示が必要な為、電話では申込みできない。
  • UQお客様センターに電話すれば申込書および返信用封筒が送られてくるので郵送で申込み。

【UQお客様センター電話番号】

新規の方:0120-959-001

契約中の方:0120-929-818

 

家族割のよくある間違い

新規申込時に家族割を同時に申込むことができない

パパむす
パパむす
電話で後から申し込めばいいんだよ!
ママむす
ママむす
自宅から簡単にできるんだね。

UQモバイルに新規やMNPでネットから申し込んだ場合、その場では家族割を適用することはできません。

しかし、後からUQお客様センター電話一本かけるだけで家族割を適用することができます。

必ずしも申込と同時に適用必須ではないので、後で結婚やその他事情で家族が増えた場合でも、電話をすれば家族割を適用できます。

家族割は申込んだ月に料金には適用されない

パパむす
パパむす
500円割り引かれるのは翌月からだよ!
ママむす
ママむす
申込月は対象外なんだね。

家族割の500円割引が実際に適用されるのは、申し込んだ月の翌月の料金からです。

ですので、申込月は500円割引されませんので、お間違えなく。

 

メリット

パパむす
パパむす
家族割のメリットをまとめたよ!
ママむす
ママむす
かなり柔軟に適用できるんだね。

UQモバイルのメリットを7つ紹介いたします。

電話一本で簡単に適用できる

UQモバイルの家族割は、わざわざ店舗まで足を運ばなくても、UQお客さまセンターに電話するだけで適用することができます。

解約するまでずっと500円割引が適用される

UQモバイルの家族割には適用期限がありません。UQモバイルを解約するまでずっと500円割引が適用されます。

家族が別居していて住所が別でも家族割を適用できる

UQモバイルの家族割は、単身赴任や子供の一人暮らしなどで住所が異なっていても、家族であることを証明する書類を提出することで適用することができます。

家族である証明書は、戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類などとなります。

苗字が違っていても家族割を適用できる

UQモバイルの家族割は、家族間の苗字が異なっていても加入することができます。

適用にあたっては、家族であることを証明する書類「戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など」を提出する必要があります。

すでにUQモバイル利用中の人が結婚などで家族が増えた場合でも家族割を適用できる

UQモバイルの家族割は、後から家族が増えた場合でももちろん適用可能です。

一人で複数回線を利用している場合でも2台目以降に家族割を適用できる

UQモバイルの家族割は、同一名義で複数回線を利用したい場合でも2台目以降を子回線として家族割を適用することができます。

オンラインショップで契約した人でも家族割を適用できる

オンラインショップでUQモバイルを契約した人は、契約後にUQモバイルお客さまセンターに電話すれば家族割を適用可能です。

 

デメリット

パパむす
パパむす
家族割のデメリットをまとめたよ!
ママむす
ママむす
mineoにあるようなデータシェアはないんだね。

UQモバイルのデメリットを3つ紹介いたします。

家族間でのデータシェアはできない

UQモバイルの家族割は、家族間でデータをシェアする仕組みはありません。

ソフトバンクや他の格安SIMでみかけるデータシェアの仕組みは採用されておらず、家族それぞれが自分の料金プランのデータ容量を消費する仕組みとなります。

しかし、翌月に余ったデータを繰り越すことはできるので、データが無駄になることがなくかえってお得に感じています。

家族間無料通話はない

UQモバイルの家族割は、家族間の無料通話はありません。

大手キャリアであれば、同じキャリア同士の通話であれば無料であることが多いですが、UQモバイルは代わりにカケホが無料でついてきます。

おしゃべりプランであれば、相手がどのキャリアの携帯にかけようが、固定回線にかけようが5分間通話無料です。

同じく、ぴったりプランであれば、毎月60分、120分、180分間の通話無料がついてきます。

どこにかけても通話無料なので、私はUQモバイルの仕組みの方が使い勝手がよいです。

データ無制限プラン、データ高速プランの人はUQ家族割の対象外

パパむす
パパむす
家族割のデメリットをまとめたよ!
ママむす
ママむす
mineoにあるようなデータシェアはないんだね。

UQモバイルの家族割は対象料金プランが、おしゃべりプランとぴったりプランとなります。

データ高速プラン、データ高速+音声通話プラン、データ無制限プラン、データ無制限+音声通話プランの4種類が家族割の対象外となるのでお気をつけください。

 

UQモバイルの家族向け無料・有料オプション

パパむす
パパむす
GPSで子供の居場所がわかるよ!
ママむす
ママむす
有害コンテンツや有害アプリを制限することもできるんだね!

UQモバイルは、子供のスマホ利用で有害なコンテンツを見せない設定や、GPSで位置情報がわかるオプションが用意されています。

 

みまもりサービスで子供の位置情報がGPSでわかる

「みまもりサービス by Family Locator」は、子供の位置情報をGPSで検知し、リアルタイムで地図上に表示できるアプリです。

リアルタイムの位置情報だけでなく、過去7日間の位置データを確認できるので、親として安心です。

また、自宅や学校を安全エリアとして設定すれば、そこから出入りする度に、親のスマホに通知を送ることができます。子供が学校から出たら通知が来て、自宅に着いたら通知がくるので安心ですね。

月々のオプション料金は200円となります。

子供をSNSの危険から守るサービス「fiLii」

「fiLii(フィリー)」は、子供をSNSの危険から守るオプションサービスです。

SNSの文章を解析して、禁止ワードを感知するとアラートで親に通知います。また、子供がSNSを何時くらいにどのくらいの頻度で利用しているかグラフで表示する機能や、スマホ自体の利用状況チェック、友達とのつながりをチェックする機能もあります。

月々のオプション料金は300円となります。

家族みまもりパックなら、見守りサービス(200円/月)とfiLii(300円/月)をセットで380円/月で利用することができます。

あんしんフィルター for UQ mobile

「あんしんフィルター for UQ mobile」は、子供を危険なサイトやアプリから守るためのスマートフォン向けフィルタリングサービスです。

アダルトなサイトや、違法情報、出会い系サイトなど、子供に見せたくないコンテンツの閲覧を制限することが可能です。

またアプリフィルタリング機能により、未成年に不適切なアプリを制限したり、不適切に個人情報を読み取るアプリの起動を制限することができます。

 

家族割と学割キャンペーンとの併用方法

パパむす
パパむす
18歳未満なら学割も併用できるよ。
ママむす
ママむす
学割は基本料が無料になるキャンペーンなんだね。

UQモバイルなら、家族割と学割を併用すればさらにお得になります。

学割キャンペーンは例年、年末12月頃にスタートして、入学シーズンの5月末ごろまでの申込で基本料が3か月間~5か月間も無料になる大変お得なキャンペーンです。

無料期間終了後は、家族割適用で毎月500円割引で利用することができます。

学割はキャンペーン期間中にUQモバイル申込画面から「18歳未満」で申込み、子回線として契約すれば自動的に適用されます。

さらに家族割を併用する場合は、契約後にUQお客さまセンターに電話をして、家族割を申し込めばOKです。

 

家族割をキャッシュバックキャンペーン併用で申込み

UQモバイル限定キャッシュバックからの申込で、キャッシュバック付きで申し込むことができます。

実際に我が家も、ママと子供の回線はキャッシュバック限定サイトから申し込んだので、キャッシュバックを受け取ることができました。

限定キャッシュバックの申込方法は、UQモバイルキャッシュバックキャンペーン総まとめにて詳しくご紹介してますので、お見逃しなく!!